スポンサーリンク

3月もまだ半ばですが、暖かくなると同時に花粉ヤバイ!という声を多く聞くようになりました。

実はくどしゅんは花粉症ではないです。
というか昨年まで鼻詰まってたのでわかりません。

昨年鼻炎の手術をして、粘膜を切除してしまったのでスースーです。
あ、ちなみに手術の記録はこちらに記載しています↓
本気で鼻炎を治すブログ

痛いと思うことはないし、もっと早くやればよかったというか
内視鏡でできる現代の技術すげーっと思いました。

花粉でツラいとき

花粉症の対策はひとそれぞれですが、
薬を飲んでいる人が大半かと思います。

でもできれば薬には頼りたくないですよね。
そんなとき、鼻うがいを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

え?鼻うがい!痛そう。。

鼻うがいというと、絶対痛いだろうと想像する人が大半かと思います。

昔水泳で背泳ぎしたときに鼻に水が入って超痛い思いしたことがあるくどしゅんも鼻うがいには抵抗がありました。

でも、実は方法を知っていれば鼻うがいは全く痛くなりません。
むしろ超気持ちいいです。

花粉に効く?!鼻うがいの効果

前述のとおり、くどしゅんは花粉症ではないのですが、
それでも重度のハウスダストアレルギーです。

それで医者に勧められたのが鼻うがいだったんですね。

とりあえず世の中ハウスダストで溢れていますが
一旦鼻に蓄積したアレルギー物質をとり除きましょうよって感じです。

痛くない鼻うがい?

で、実際のやり方なんですが。

まず2リットルの清涼飲料水を買ってください。
ドラッグストアなどで100円未満で買えると思います。

でそれをそのまま鼻にやると痛いので、まだやりません。
ご家庭に絶対にあるものを投入します。

それはです。

え!!!塩?
余計痛いんじゃと思うかもしれません。

でもこれにより生理食塩水を作ってあげるんです。
詳しい理由はわかりませんが、浸透圧の関係で痛くなくなるんですって。

で、2リットルのペットボトルの場合、18g入れると生理食塩水になります。
(正確ではないですが、それくらいで大丈夫)
18gは100均の軽量スプーンで計っています。

鼻うがいの仕方

生理食塩水ができれば、あとはどのように鼻に投入してもいいのですが、
くどしゅんはハナクリーンを使っています。

ペットボトルからこれに入れ替えて、鼻に差して横向いて押してあげるだけです。

ノズル先がシャワー状になってくれるのでこれで鼻腔の粘膜を洗浄できます。
投入した液体は反対の鼻から出てくればOK。

同じ鼻から出てきていても洗浄自体はできているので大丈夫です。

コップ一杯分くらいで十分なので、余ったペットボトルは翌日以降に使います。

たったこれだけで花粉も楽になるでしょう。
ぜひ試してみてください。

 

くどしゅん【のおと】

くどしゅん
鼻うがいの後は鼻をしっかりかみましょう。花粉を出してすっきり!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事