スポンサーリンク

先日の記事でnuro光を契約&開通までを記事にしました。

でそちらに速度は記載していたんですが。
あることをしたことなのか、時間的な問題なのか実測で1Gbpsを記録しましたので報告します。

そもそもnuro光にした理由は?

既に上記記事で記載しましたが、WiMAXを2年以上使っていたんですが、
それも2年目以降って値段上がるんです。

しかもその値段がnuro光の月額と同じなんですよ。
もちろんnuro光は工事費がかかりますが、キャンペーンで実質無料ですし。

NURO 光

WiMAXは自宅で使うには不安定なので、違約金払ってでも変えた方がいいと判断したのでした。

スポンサーリンク

nuro光がいくら速くても

自宅の回線がいくら速くても、通信先のサーバが遅かったり、無効の回線が細かったりすると
結局速度は遅くなるので、自宅に速い回線を引いてもあまり意味はないと思っていたのです。

でも最近。

例えばCloudFrontって知ってますか?
Amazonが提供しているウェブサービス(AWS)のサービスのひとつなんですが。

例えば遠い世界にある動画があったとして、
それを日本で見ようとすると距離的にどうしても遅くなる。

だけどCloudFrontを設定すれば、日本界隈にレプリカを作ってくれて高速DLできような仕組みです。

またAWSではサーバに負荷がかかった場合も、自動で増幅させることもできます。
入試結果サイトなんてそうですよね。

一年のうち、一日だけに膨大なアクセスが集中するようなサイトでも
AWSがあれば落ちることはないですしアクセスできなくなることもないんです。

今はこのように先方の都合によって回線が遅く感じられることも減ってきたのです。
だから、自宅に高速回線を引いてもよいだろうと結論づけたのです。

1Gbpsを出すのに必要なこと

計測時間

まず第一に、くどしゅん宅はマンションです。
nuro光もマンションタイプミニで、既にほかの部屋の方が使っていました。

ですから、その方が使っていない時間で計測することが一番です。

DNS設定

これはおまじないに近いんですけど。
DNS設定を見直すと速くなるという話があります。

ぶっちゃけbpsを測る際は関係ないと思いますが。
手順は以下のとおりです。

  1. 以下のアドレスにアクセスする
    http://192.168.1.1
  2. アカウントとパスワード(初期値 admin/admin)を入力しログインする
  3. [ステータス]-[WAN情報]をクリックしIPv4の行をクリックして展開する
  4. DNSサーバのIPアドレスをメモする(カンマ区切りで2つあります。)
  5. [LAN]-[DHCPサーバ設定]をクリックし、「プライマリDNSサーバ」および「セカンダリDNSサーバ」
    に4の値を入力し、「適用」ボタンをクリックする
  6. 「システムツール」から「再起動」ボタンをクリックする

CAT7の有線LAN接続をする

開通日に計測したときは昼でかつ、IEEE802.11acでの無線接続で計測しました。
acは理論上6.93Gbpsまで対応していますが、そこはやはり無線。

干渉により劣化はするものだと思います。
なので有線LANにするのがいいです。

有線といっても種類がありまして、LANケーブルは10Gbps対応のもの。
CAT7のケーブルにしないとG以上は出ませんので注意してください。

 

計測結果

上記の設定で改めて回線速度を測定しました。
測定した時間は夜の24時です。

もちろんこの結果は、混雑する時間でないことが前提ですが
nuro光マンションミニでもしっかり速度が出ることが確認できました。

これならば各種DTMソフトのダウンロードや、動画配信、動画閲覧をストレスなくできます。
しかも価格はWiMAXといっしょ。

Huluでも契約しようかなと夢は広がるのでした。

 

今日のくどしゅん【のおと】

くどしゅん
昨今は10Gbpsのものも出てきていますが、価格を考えるとnuro光あたりがベストかと!!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事