スポンサーリンク

音源はこちら

フルバージョンはiTunes Store,Amazonにて販売中
※Amazonプライム会員ならばアルバム全曲聴き放題です。

スポンサーリンク

詞:ぢゅん 曲:勝又靖典

魔法にかかった朝 いつもどおりの道 歩いてた
天気予報は雨で 占いだって最下位だった
でもなぜか 風に誘い出されたつま先が
待ちきれず 行き先も告げずに走り出した

夢の中 忘れられずにいた あのメロディ
キミのその歌声に抱きしめられていたんだ
雨上がり 舞い散る光の中に
眩しく輝くふたりの時を刻み始める
Into the sky

恋に落ちた夕暮れ いつもと逆の道 歩いてた
天気予報はハズレ 真っ白な月のぞいていた
昨日まで つまらないジンクス信じていた
新しいスニーカーを履いて走り出すよ

いつだって二人を繋いでく あのメロディ
眠れない夜は同じ空を見上げていた
始まりも終わりもアタシの中に
眩しく輝くふたりの時を刻み続ける
Into the sky

過去も未来も越えて 強く深く重なりあってく
永遠の運命を 繰り返す予感

夢の中 忘れられずにいた あのメロディ
微笑むキミの生意気な瞳に落ちてく
約束なんてしなくても また会えるから
首筋に光る七つ星に導かれて
いつだって 二人を繋いでく あのメロディ
ハリボテの翼でも 空に向かい自由に
飛びだせる気がしてる
Into the sky

 

今日のくどしゅんの【おと】

くどしゅん
季節は繰り返すけど同じ年は二度となくて、思い出や経験は積み重なっていく。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事