スポンサーリンク

久々の相対音感トレーニングです。

今回は、今年5年ぶりにPleasureシリーズのライブが行われるB’zをセレクトしました。

彼らは昔から聞いていましたが、所謂B面に名曲が多いことで有名ですよね。
今日はその中からTIMEをやってみたいと思います。

B’z TIME

数々のライブでも行われているこの曲ですが、僕が10代の頃にとてつもない記憶を残したDVDがあります。

B’z “BUZZ!!” THE MOVIEです。

 

残念ながら、TIMEは2コーラス目以降しか収録されていませんが、
それがもう最高なのです。

特にTAKのエンディングソロはCDよりもなく、また昨今ではあまりやらなくなったレガートの超高速ソロが
泣きを誘います。

このDVDは国宝だと個人的に思っていますので、是非みてみてください。

スポンサーリンク

TIMEの音階

今回は、単音とルート入りを作ってみましたので段階的にやってみましょう。

歌メロのみ

歌メロのみの12キー動画はこちらにございます。

Aメロ

ソソソララミミドドレドー ドミーファミーレドーラー
ドレーミードレーレミードミレドラー
ソソソララミミドドレドー  ドミーファミーファソーラー
ララードーレミー ミレドーラー

Bメロ

ドレメーメメー メーレードーテーファソー
ドレメーメメー メファーメーレーメレードー

サビ

ミソミソミーレドレーソミー
ミソミソラソミミレーミレー
ミソミソミーレドレーソミー
ミレドー ドミレー ドドドー

原曲はDキーです。

Bメロのみキーが同じキーのマイナーキーに変わります。
(DだったらDマイナー)

B’zの曲はとても転調が多いです。
想像するに、小室哲哉譲りなんだと思います。

TAKは元TMNetworkのバックギタリストでしたからね。

キールートあり

続いて、そのキーの根音をずっと鳴らし続けたバージョンを作ってみましたので
こちらもどうぞ。

というのも、相対音感は鍛えるには常にドとの差異を意識しなければなりません。

このドの軸がわからなくなるためになかなか鍛えられないという記事を読んだことがあるためです。

常にドを聴きながら、それよりどれくらい上なのか下なのかを強く意識して聞いてみましょう。

コードルートあり

最後に、コードのルートをつけてみました。
動画はこちら

Aメロ

ドーーテーーラーソーファーー
レーーミーーファーー
ドーーテーーラーソーファーー
レーーミーーファーー

Bメロ

ファーーソーードーーーー
エーー ソーードーーーー

サビ

ラーファー ドーソー
ラーファー ドーソー
ラーファー ソードーティー
ファーソー ドーーーー

となります。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事