スポンサーリンク

下北沢モナレコードのライブを拝聴してきました。

すべて観ることはできませんでしたが、限りある時間の中で観られた
nuppeさん、とお目当てハイパムフィクサーさん、34(三銃士)さんのアクトについてレポートします。

なお現在僕自身がバンド活動というものをできておらず、
彼らのほうが全然頑張っていますし、尊敬します。

その中で抱いた感想というのを書いていきたいと思います。

 

nuppe

爽やかなロックという感じですね。

リード・ギターの方がPRSを使っているのですが、
このバンドだとシングルコイルのギターのほうが合うかなと思いました。

いや、それじゃあ普通じゃん!って思われるかもしれませんが、
どうしてもPRSだとHR/HMな印象になってしまうのです。

ボーカルの爽やかさに合わした楽器というのが一本あるといいですね。

ベースの方がステージングすごいよかったです。
リードギターの方も弾く部分、動く部分を考えて演出を構成してみるといいかもしれません。

一曲目のリードGのパッセージがどうにもリズムに乗っていない感があったので、
このあたり基礎からみっちりやってみたらかなり良くなると思います。

もちろん上記のことは、くどしゅんも修行中ですので、
お互いがんばりましょう!

演奏後、CDをいただきました。
大切に聴かせていただきますね!

 

スポンサーリンク

ハイパムフィクサー

Voのみさちちゃんとは、江ノ島の虎丸座で対バンして以来かな。

Showroomやイベント参戦などとっても頑張っている方です。
当時はカバーバンドでしたが、現在は3ピースバンドを結成して活動しています。

この日観た限りでは一番のメロディーメーカーという印象ですね。
どの曲もキャッチーで、入りやすいです。

アマチュアのライブハウスというのは、どうしても初めて聞く曲が多くなります。
その中でキャッチーさというのはとても重要だと思うんです。

そしてMCが面白いw
セクシャルとハラスメントを分離して考える。

このトークから、メンバー間の仲の良さが垣間見えます。

サウンド面ではギターのP90ピックアップのザクっとしながらも太いサウンドが心地良いです。
また空間系を使ったリードトーンの音作りがとても上手いです。

テンポディレイがややリズムと合っていない感じがしました。
おそらく設定値でやってるのだと思いますが、テンポディレイにしたほうがよいかもしれません。

ドラムの方がラスト、スナッポンしてたようです。
僕の所属していたバンドでも毎回入れ忘れる人がいて、個人的には好きですw

ボーカルはもう少しお客さんを観て歌えるとさらによくなると思います。
細かなピッチ部分の制御は力を入れがちですが、むしろ抜いてみたほうが楽に出せるかもしれません。

 

 

34(三銃士)

「バンド」という括りでいうと、この日観た中で一番カッチリしていたと思います。

ボーカルの歌いまわしがとてもかっこいい。
少しパンクの風味を感じます。

またヘビーエイジド加工のされたストラトがとってもかっこよく、
ハーフトーンを上手く使ってのアルペジオ、
激しいコード弾きにアクト、まさにロックという感じがしました。

またドラムのリズムもよいタイム感で、グルーヴィーでした。

ベースの子の動きもよかった!

もう少しキャッチーな曲が書けるともっと惹き付けるものに仕上がると思います。
あと僕の耳がおかしいのか、Gソロがコードと合ってないと感じさせる部分がありました。

とはいえ、独特の世界観を感じますし、
MCの運びもかっこよさを追求していて、真似できない素晴らしさを感じました。

 

まとめ

やっぱりバンドはいいなぁ!!

商業音楽もいいけれど、彼らのかっこいいものを追求していく力や衝動というものを感じ
くどしゅんも力をいただきました!本当にありがとうございます!

少なからず音楽に20年費やしてきた僕が彼らにアドバイスできることがあるとすれば、
この日観たどのバンドも正直歌のピッチが甘いという部分です。

このあたり、僕もめっちゃ下手ですが、
自宅でボイトレしただけでかなり改善できましたのでやってみるといいと思います。

 

また僕が巷のライブハウスで観てきた中で、歌のピッチがいいバンドをひとつ紹介させてください。

Made In Brothers

彼らは兄弟2人のユニットで、現在は打ち込みスタイルのバンドですが、
音源は彼らがすべての楽器を自ら演奏し、超マルチなバンドです。

彼らとの出会いはもうかなり前なのですが、当時から歌のピッチがすさまじくよかったです。

一度アドバイスをもらったことがあるのですが、
ピッチについていつも注意していることは、

出初めから正確に出せるように練習している(シャクらない)

とのこと。

一度見に行ってみるといいですよ!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事