スポンサーリンク

サンジャポで知った箕輪さん

僕サンジャポが大好きなんです。

なんというか。下世話でw
ゲスい人達が楽しくやってるワイドショーなイメージ。

その中で、この幻冬舎編集者の箕輪さんはかなりふざけてて。
「僕口硬いんで〜」とかいいながらZOZOの前澤さんの話ベラベラしゃべる感じ。

というわけでかなり興味がある人なので本買って読んでみたらかなりすごい人だったという話です。

スポンサーリンク

熱狂は伝播する

編集者という仕事は、ホリエモンや落合陽一など、
様々な奇人変人を扱わなければならない環境。

それはつまり、彼らの才能を吸収し放題だ。
本を作ることで成長するのは著者でも読者でもなく編集者である。

その言葉どおり、箕輪さんはありえないペースで成長しています。

それもそのはず、ありえないペースで本も出版しているんですよ。

僕はビジネス書を読むことが半ば趣味となりつつありますが
箕輪さんが編集した本、かなり読んでいた(これから読みたいものも含む)ことを知りました。

多動力

人生の勝算

お金2.0

日本再興戦略

読者という荒野

本を作るときは、著者が乗り移るまで自分を追い込む。
まさに発狂。

そしてその熱狂は伝播する。

 

会社は金と感情で動く

箕輪さんは所謂サラリーマンなわけですが、
編集者というのは著者から急に会いたいと言われることも多く、

会社の給料で郊外のマンションにいることで仕事にロスが発生していることに気づきます。
そこで副業を始めるわけです。

最初は20万円会社外から稼げればいいやと考えていたようですが、
今では会社の給料の数十倍稼いでいるんだとか。

そして面白いのが、幻冬舎は副業禁止であること。
一流の企業は大抵副業禁止ですよね。

いよいよ副業がバレそうになったとき。
箕輪さんは「会社は金と感情で動く」ということを考え、

自分の副業が会社に利益をもたらすものであることをプレゼンし、
特例を得るのです。

今ではサンジャポなどメディアにも出てますしね。

副業で影響力のある人間になれているのであれば会社などやめればいい。

そう思うかもしれませんが、彼はやっぱり頭がいいのだと思います。
会社でなにか失敗しても、自分が負債を追うことはないのですから。

インフルエンサーとはこういうことさ

この本を読んだとき、くどしゅんは
こういう人にはなれないなぁと思ってしまいました。

いやーやっぱ突き抜けているんですよね。こういう人は。
ホリエモンにしても、落合陽一さんにしても。

影響力のある人間、「インフルエンサー」になる人というのはこういう人なんだと思います。

箕輪さんは、
「早くこちら側にこいよ!こっちで間違いないから」

とおっしゃっていますが、
僕はいったい何からすればよいのだろう。

この本は成功者の自慢本と捉える人もいるでしょう。
でも、そうなるべく圧倒的な行動と質よりも量で動いていたからこその必然の成功と僕は感じています。

View this post on Instagram

サンジャポみてて、この人ふざけてるなぁとニヤニヤしながら見てたんだけど、読んでみたらすごい人だった。 僕がこれまで読んだ本わりとこの方が編集してる。 ありえないペースで出版してるから必然と手に取る率が上がっているのだ。 また帯コメやデザイン、タイトルで僕は知らずと引き寄せられていたんだと思う。 インフルエンサーというのはこういう方がなるんだろうな。 僕はちょっとなれそうにないw 熱狂は伝播する。 会社は金と感情で動く。 編集者は奇人変人の才能カクテル飲み放題。 #くどしゅん #くどしゅんのおと #読書 #箕輪厚介 #サンジャポ

A post shared by くどしゅん (@music_cafe) on

 

今日のくどしゅん【のおと】

くどしゅん
圧倒的な行動と量!量!量!アフィリエイトみたいですね。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事