低価格で座り!安定の串に魚も。用賀を巡る【芝浦】

 

たまには小さいオーケー側へ

 

用賀の駅といえばすり鉢階段。

 

でも実は他にも出入口が2つ。
今日は改札を出て左の階段を上ってみよう。

 

上った先に、OKストアが見える。
用賀には2件、OKストアがあって、こちらは通称「小さいオーケー」。

 

その向かいに、お花屋さんと「うおはん」と書かれた定食屋の奥に、
芝浦はあります。

 

このお店は当ブログでもとりあげた「たまがわや」系列のお店です。

 

基本は豚串

 

豚の串といえば、用賀もつ肉店が思い出されるんですが、こちらの串も負けていない。

 

どの串も、質が高く、他の店舗とは違う味なのだ。
タンやカシラ、ハラミにレバーがとにかく旨い。

 

 

それでいて座りの低価格

 

そしてここが日々通いに適している点として、座れる。安い。こと。

 

昨今は立ち飲みのワイワイ感が人気ですが、しっぽり飲みたい日だってありますよね。

そんなとき、芝浦は最適なんです。テレビもあるし。

おそらく客単価は1500円~いけると思うし、年齢層も高め。

 

あまり比較はしたくないですが、
用賀もつ肉店が20~30代向けとするなら、こちらは30~50代向けなのですよ。

 

お店としての質はどちらも高いのだが、やはり客というのは棲み分けが必要。
もしあなたが40代以上ならば、芝浦をオススメしたい。

 

 

たたきなど魚がある日も

 

レギュラーメニューはもちろん旨いのだが、日替わり?週替わり?のメニューもいい。

刺身がある日も

 

かつおのたたき、土佐風はにんにくが効いていて本当に美味い。
アジのたたきがある日もある。

 

 

 

串と魚が両方食えるなんて、惜しまれつつも移転してしまった、鶏炭のようです。

最高じゃないか!

 

 

テーブル席もあり

 

カウンターだけのお店と見せかけて、実はテーブル席があり団体さんに対応している。
インターホンで注文が可能です。

 

また、前述のとおり「たまがわや」の系列店ですので、
味玉や、メンマ、たまがわやで打った麺のやきそばなど、

 

 

魅力的なメニューもいっぱいです。

(↓の写真3枚目)

View this post on Instagram

ByTheWayのリハーサルでした。 バンド練習というのは機材の持ち運びからかなり体力を消費するので、帰るとぐったりなのですが、どうにも強烈にきれいな夕日になりそうだったのでジョギング。 アップテンポな新曲「Long Goodbye仮」は「風が強く吹いたら」という正式なタイトルになったのですが、テーマがなんと認知症。 海外では少しずつ失われていく記憶を、お別れの準備期間としてLong~というそうです。なんと粋な。 長い間ご近所だった友達が引っ越すと聞いた。 たまに風にまぎれて聞こえてくるフルートの音色がとても好きだった。 こうして僕も年をとっていくんだなぁ。 #用賀 #くどしゅんのおと #ジョギング

A post shared by くどしゅん (@music_cafe) on

 

 

なぜかハイボールがない

 

今や飲み屋には、必ずといっていいほどあるハイボール。

 

それがなぜか芝浦にはないんです。
そのかわりシャリキンや、バイスサワー、ホッピーなど、なんというか昭和感のある飲み物があるので、せっかくだからそちらを楽しみましょう。

 

くどしゅんはとく梅干しサワーを飲んでます。

 

 

まとめ

今日は用賀の千ベロ、芝浦を紹介しました。

実はしばらくくどしゅんは言ってなくて、最近また通うようになって魅力を再確認しています。

世田谷にあってのこの安さはとっても魅力的です。

 

こういった個人店が長く続くことを切に願っております。

 

 

最新情報をチェックしよう!