「やりたいことの見つけ方」を実践してみた【好きなこと編】

この記事は

  • 自分のやりたいことをちゃんと見つけたい
  • 今の人生のままでいいのか悩んでいる
  • 本当の自分に出会いたい
  • 幸福度を上げたい

という方に向けて書いています。

 

「大事なこと」「得意なこと」が判明

前回と前々回の記事で、僕の本当にやりたいことを探るために、

  • 大事なこと
  • 得意なこと

という2つの輪を探してみました。

 

今回はいよいよ最後の輪である「好きなこと」について明確にしたいと思います。

引き続き、以下の書籍に沿って進めますので、一読することをオススメします。

 

 「好きなこと」を知る

こちらも質問形式となります。

以下僕の場合はこんな感じでした。

Q1.今お金を払ってでも学びたいこと

勉強したいと感じることは、今あなたが興味があること。

  • 様々な歌い方。正しい音程で歌う
  • Jazzギター。ストラトのサウンドメイク。
  • アレンジ全般
  • 作曲
  • 作詞
  • ブログ運営
  • オウンドメディア
  • マーケティング
  • ブランディング

 

Q2.本棚にどんなジャンルがあるか

眺めるだけでワクワクする本はありますか?本があまりない場合は書店へ行って、本を眺めてみると自分の興味あるジャンルがわかってきます。

このとき「役に立つから気になった」ではなく、なぜか気になったものがよいそうです。

 

  • 自己啓発
  • 生き方系
  • ボイトレ
  • マーケティング
  • 文章術
  • 音楽理論
  • 読書術
  • 時間術
  • 心理学

 

Q3.出会えて「よかった」「救われた」分野・ジャンル・もの

あなたがその分野に出会えたのは、それを広めようとしてくれた人がいたからではないでしょうか?

  • 読書
  • 音楽
  • アニメ
  • 用賀
  • 内向型

 

Q4.生きてきた中で「お礼を言いたい仕事」

  • ミュージシャン
  • 映画やアニメを作っている人
  • 医者

 

僕でいうとミュージシャンや映画を作ってる人というのは、感動を与えてくれたからですね。

医者というのは鼻炎の手術で、僕は人生が変わったからです。鼻が通ったときの感動といったら!

 

Q5.世の中に対して怒りを感じたこと

怒りというのは現状の不満ということで、それを改善するようなことを興味があるのかもしれません。

 

  • 音楽で食えない社会
  • 内向型が生きづらい
  • 声がでかい人がのし上がる社会

 

その他の質問

以上の質問の他にも「好きなこと」を探る質問が著書には書かれています。

ここでは私の回答のみ記載します。

 

  1. アニメ・ゲーム・運動
  2. アニメ・映画
  3. 飲食・旅・映画鑑賞
  4. 作曲・ブログ・スタジアムライヴ
  5. 著述家
  6. 音楽
  7. 歌・作曲
  8. 発明家・ものづくり
  9. プラモデル
  10. 運転・冒険
  11. 性格・自己理解
  12. 人並に作詞、作曲、アレンジ。歌ができる
  13. 内向型が認められない
  14. 音楽と用賀での食事
  15. 音楽・芸能
  16. 温泉旅館・いい景色がみたい・読書・映画
  17. 音楽機材・コンピューター
  18. ジム通い。皮膚科。(健康・美意識)
  19. 運動・音楽・読書・ブログ
  20. Mac・音楽・美容
  21. 体育・図工
  22. ホコタテ
  23. 内向型
  24. 音楽・自己理解
  25. 複雑な社会(もっとシンプルならいいのに)
  26. どうしたら感動できるか
  27. ブログ・音楽・著述
  28. SIer
  29. 世の中の仕組み
  30. 読書や作曲系の人

 

まとめ

さて、いよいよ3つの輪すべてが揃いました。

次回はこれらから、自分の本当にやりたいことをしっかり見つめたいと思います。

 

みなさんも是非やってみてください。

以外と自分のことってわかっていないものです。

 

新たな自分に出会えるかもしれません。

 

 

今日のくどしゅんのおと

くどしゅん
もはやITが入る余地がない。。

 

おすすめの記事