スポンサーリンク

歌の上達に必須なこと

僕はもともとギタリストなので歌にはあまり興味はなかったんです。
だから、バンドのコーラスを任されたときも結構適当に歌ってました。

ライブハウスは爆音なんで紛れてわかんないだろうと。。
でもあるとき、うまいバンドのコーラスを聞いて目が覚め、

その時から歌にも力を入れています。
というか最近はギターよりも歌のほうが練習しているかもしれません。

でも、歌ってなかなか練習場所がありませんよね。
歌が上手くなるには、まず環境をしっかり整えることが必要という考えに至り、

自宅に構築してやろうと考えました。

スポンサーリンク

賃貸住宅の防音って難しい

しかしながら、エレキギターのラインの音での練習と違い、ボイトレは声ですから音が漏れます。

かつ、漏れた音を聞かれると恥ずかしい。。

というのもあります。
できれば絶対に聞かれたくないですよね。。

そうなると、防音するしかありません。

しかしながら賃貸への防音って本当に難しいですよね。
ぴあリビングの防音材もありますが、部屋全体を防音するのにとても費用がかかりますし、

部屋自体も狭くなります。

また、個室型のだんぼっちなどもありますが、
これもスペースの問題であきらめたのでした。

 

頭だけの防音ってないのかな

その昔のボーカリストは、布団を口に当ててボイトレをしたそうです。

そんなふうに、頭だけでも防音ができるものはないものか。。

と探していただところ、いいものを見つけました。

isovox2

物を見ていただければわかりますが、本当に肩から上だけの防音です。

このisovox2は肩から上だけのボックス型防音スペースです。
しかも、中にはマイクを立てられますので、ProtoolsなどのDAWと連携させればそのまま録音だって可能です。

録音できることが重要

ボイトレに限らず、音楽スキルを加速度的に上げることができるのは、
レビューです。

最初は自己嫌悪発生装置かもしれませんが、
レビューしているだけで課題も見えますし、

日々記録していけば、上達具合もよくわかると思います。

isovox2の防音性能

早速購入して使ったところ、やはり肩から上だけですので、
防音性能は低めです。

しかしながら、ボイトレという意味では苦情の来るレベル以下まで下げることは可能だと思いました。
ちょっと隣に聞こえているかどうかまでは一人なので判断できていません。

さすがに木造のアパートでは難しいかもしれませんが。

設置にはスピーカースタンドが必須

このisovox2はスピーカースタンドに立てて使うものです。
本体には付属していないのでこちらも購入する必要があります。

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / SPS/BLACK

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / SPS/BLACK

 

心配なら鉛シートも使いましょう

防音性能をさらに高めるために、鉛シートを使うのもありでしょう。
isovox2は吸音には優れていますが、遮音に弱いという印象だったため、

遮音するために上から鉛シートをかぶせてあげれば効果は倍増すると思います。

 

カラオケでボイトレをするのとどちらがお得か?

このisovox2は11万円とやはり高い買い物です。

これならばカラオケでいいんじゃない?
と思う方もいるでしょう。

カラオケで毎日1時間のボイトレをする場合を考えてみます。

カラオケの鉄人(用賀店)のページを見ますと。
平日の19:00~の通常料金は1時間600円程度ですね。
これにドリンクワンオーダーとなりますので、実質800円程度になるかと思います。

110,000円/800円=137.5

となり、なんと5か月程度で元が取れてしまうということになります。

ボイトレは毎日が必須

これはどのボイトレ本でも言われていることがですが、ボイトレは毎日が必須です。

カラオケに出向くのがおっくうになる可能性大です。

ならばこのisovox2で毎日自宅レッスンをするほうが建設的ではないでしょうか?
僕の場合、カラオケはボイトレではなく、歌の練習のときのみですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

感動してもらえる音や声を伝えるためには毎日の鍛錬が重要です。
あなたの声を加速度的に洗練させる可能性のあるisovox2を自宅に導入することも検討してみてはいかがでしょうか?

 

今日のくどしゅん【のおと】

くどしゅん
練習は日々の積み重ね!続けているとある日急にレベルアップするんだよね。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事