練習しないで歌が上手くなるたったひとつの方法

 

 

この記事は

  • ボイトレなどにいかずに歌が上手くなりたい
  • 練習する時間がない
  • カラオケで恥ずかしくないくらいになりたい

方に向けて書いています。

 

歌が上手くなりたい(楽して。。)

当サイトではこれまでたくさん歌が上手くなる方法を考察し記事化してきました。

 

あわせて読みたい

  この記事は、 最速で歌が上手くなりたい いいボイストレーナーを探している ボイトレをしても一向に上達しない 家でできる練習法を知りたい カラオケの点数を上げたい バンドでボーカ[…]

あわせて読みたい

  この記事は 長年音痴に悩んでいる 人前でカラオケが歌えるようになりたい 誰にも言えないので教室にも通えず困っている という方に向けて書いています。   音痴について […]

あわせて読みたい

  この記事は 音痴で人前で歌えない ピッチが悪いと言われる ピッチ修正ソフトでいつも直される という方に向けて書いています。   そもそも歌が上手いってなんだろうか? […]

あわせて読みたい

  この記事は 歌が上手くなりたい ボイストレーニングに通っているけど上手くならない カラオケの点数が上がらない 方に向けて書いています。   歌が上手くなる方法とは […]

 

しかしどれもトレーニングすることが前提でした。

所謂ガチ勢向けですね。

 

しかしながら音楽と向き合うのって、そういったガチ勢だけではないはず。

そんなに練習する時間はとれないけど、カラオケで恥ずかしくないくらいには上手くなりたい!という方もいると思います。

 

ということで今日は練習しなくても上手くなる方法を教えます。

 

それは聴くだけ

 

それは、録音して聴く。ただそれだけです。

 

レビューをするということですね。

具体的にはスマホやICレコーダーなどでカラオケを歌っている自分の声としっかりと録音するのです。

 

最近はスマホにイヤホンジャックがなかったりするので、ICレコーダーならBluetooth対応がオススメ!

 

 

自分の声が気持ち悪いと思うはず

 

自分の歌を録音して聴くと、最初はすごく違和感を感じるはずです。

 

普段聞いている自分の声とあまりに違うためです。

普段自分の声は内耳で響いたものを聴いています。そっちの音質に慣れてしまっているわけです。

 

がしかし、実際他人が聞いている自分の声は外耳で聞こえる音です。

 

この声のギャップに最初は衝撃を受けてしまうかもしれません。

まさにレコーダーは自己嫌悪発生装置になってしまうかもしれません。

 

それでも、常に必ず録音して聴きなおす習慣をつけてください。

 

 

自分の声が気持ち悪くなくなったとき

 

録音された自分の声が気持ち悪くなくなったとき、あなたは確実に歌が上手くなっています。

 

というのも、録音した音を聞き続けることで、歌っているときも外耳で自分の声を聞く習慣がついてくるためです。

これにより、より外部の音に敏感になり、歌っているときの音程補正能力が上がるのです。

 

また聴く習慣により、脳内で反省会が常時行われるようになります。

次はこうやってみようとか、ここがダメだとか改善していくほうに脳が舵をどんどん切ってくれることで、総合的に上手くなっていくのです。

 

もちろん、高音が発声できなかったり、声が裏返ってしまうことはあるでしょう。

それこそ、トレーニングが必要になってくるのですが、

 

そんなことをしなくても、録音して聴くだけでかなり歌は上手くなれるはずです。

 

 

もっと上手くなりたいと思ったとき

 

もし、あなたがそれに飽き足らず、さらに歌を追求していきたくなったならば、

そこで初めてトレーニングをしてみるといいと思います。

 

ボイス・トレーニングは、基本的に音程を上下させる筋肉、輪状甲状筋を鍛えていくものが主となります。

さらに地声と裏声をつなぐようなミックスボイスのトレーニングをしていくことで、Official髭男dismやMrs. Green Appleのようなハイトーンも出せるようになるでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

練習しなくても勝手に歌が上手くなっていく方法でした。

この方法、実は歌だけではなくて楽器などの上達にも効果がテキメンです。

 

何にせよ、レビューは大事ということですね。

レコーダーでPDCAを回して、上達を加速していきましょう。

 

くどしゅん
僕も歌はまだまだ勉強中!
最新情報をチェックしよう!