スポンサーリンク

バンドってタイヘン

バンド活動を長くやってると、こう思うことありませんか?

あのパート、自分でやったほうがよくなる。。

人生にはそれぞれいろいろステージがありますから、
メンバー全員が同じ方向を向いてできることって天文学的に難しいことだとくどしゅんは思います。

子供が生まれたり、家族が病気したり、
音楽的活動を続けるのが困難になることが人生には多々ありますから。

あなたがそう思うときって、

きっと人生が好調で音楽のことだけ考えていられる状況だからです。

でもそんなこと言ったって、メンバーは練習してこないし、
アレンジもイマイチだし、向上する意欲も感じないし。。

そんなバンドメンバーに不満のあるあなたへ、
今日はくどしゅんから提案をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

実際にやってみた

で、くどしゅんは自分で全部やってみたらどうなるか、一度やってみたことがあります。
こちらは完成までに誰の手も借りずにすべて自分で作りました。

ピアノは習ったこともありませんし、ドラムも完全なる素人でした。

※JASRACの規約上動画を埋め込むことができませんので、
画像をクリックしてYoutube上で見てみてください。

 

かかる工数

実際にこの動画を作るのに、数ヶ月かかっています。

早朝起きて、ピアノの練習、ドラムの基礎練習、夜にはスタジオ個人練習2時間を数ヶ月かけて行いました。
ボーカルに関してはボイトレを日々の練習に取り込んでいたので、ここまで来るのに2年くらいかかっています。

さらに、動画編集にAdobe Premiereの使い方を新たに学んだり、
それまで培ったギターのスキル(20年)、ミックス・マスタリングの知識(5年)とまあ、

くどしゅん的には人生集大成くらいの工数がかかっていますね。

 

ではメンバー入れ替え?

バンドメンバーに不満があるならば、そいつをクビにして新しいメンバー入れればいいじゃん!

と言ってもそう簡単にはいきません。

ずっと同じメンバーでやっていること
音楽性が合ったり、人間性が合ったりと、

実は今いるメンバーが奇跡の人であることを忘れてしまいがちです。

上記のようなメンバーに新たに会えるのって、とっても難しいことです。

下手をすれば、抜けたメンバーの穴を埋められず、サポートにお金を支払うことになるか、
最悪バンド活動ができなくなります。

 

あなたがすべきこと

もし、あなたがバンドメンバーに不満があって
自分でやるほうが早いと思っているなら、実は変わるべきはあなたです。

あなたが、そのメンバーの意識改善の働きかけをし続けることが重要です。

例えばくどしゅんはメンバーにわざわざパワーポイントを作って、
リズムをもっとシビアに考えなきゃいけない理由などを説明したり、

リハの余った時間に、ワークショップを開くなどしていました。

 

まとめ

過去と相手は変えられない。
変えられるのは、将来と自分だけ。

そんな言葉があります。

バンドメンバーに不満があるならば、
まずあなたが変わることが重要です。

バンドをやっていると音楽ばかりになりがちですが、
くどしゅんは月に一冊でも読書をすることをおすすめします。

くどしゅんのおすすめ本などはこちらにまとめていますので、
新しい考え方をインストールするために一度見てみるとよいと思います。

くどしゅん的おすすめ書籍2018はこちら

 

今日のくどしゅん【のおと】

くどしゅん
自分でかかる工数を鑑みると、バンドメンバーの意識を変えるほうがいい。 でも人を変えるのは難しいです。変わるべきは自分。巻き込み力を鍛えていきましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事