スポンサーリンク

クラウドファンディングのトゥルーワイレスイヤホン!

こちらの記事で紹介したMakuakeで投資を募ったトゥルーワイヤレスイヤホンが本日届きました。

実はこのサイトで現状一番アクセスがあるのが、VIE FITの紹介記事なのですが、
リリースと同時にVIE FITは炎上しています。

何やら音飛びが酷いとかで。

なので本日はその辺も含めファーストインプレッションしてみます。

まだ届いていなくてとても心配になっている方は参考にしてください。

 

スポンサーリンク

配送会社

まず、届いたのはSAGAWAさんでもヤマトさんでも西濃さんでもなく、
日本郵便でした。

レターパックプラスという形で届きました。

このあたり、コンビニ受け取りとかにいつもしている方は受け取りづらいかもしれません。

くどしゅんが本日たまたま休暇だったため、待たずに受け取ることができました。

 

開梱

開けてみると、ダンボールの箱で梱包されておりその中に化粧箱という感じでした。

内容

とてもシンプルですね。
イヤホンと充電器、イヤーチップ周りとUSB-Cのケーブルが入っていました。

もちろんマニュアルもついています。
※写真がすこしブレてしまいました。すみません。

印象としては、充電器ちっちゃいなぁです。

これならカバンに入れて持ち歩くのに全然ストレスがありません。
ただ、USB-Cのケーブルはまだ一般的ではないので、これは持ち歩く必要があるでしょう。

小さなポーチが必要になるかもしれませんね。

 

イヤホン

イヤホンの形はやはり一線を画するものとなっています。
これならばかなり奥まで耳にフィットするでしょう。

 

 

マニュアル

マニュアルですが、ペアリングの手順が冒頭に記載されていますので、
迷いなくすることができました。

 

くどしゅんが使っているのはiPhoneSEですが、Bluetoothのペアリング画面に「VIE FIT L」と表示されました。

両方電源を入れて、片方を更に長押しするとペアリングモードになるのですが、
たまたまくどしゅんがL側だったから?

2018/6/16 追記

どうやらVIE FITはどちらも親機になれるのかもしれないです。
僕は前述の通り、スマホの定位置はズボンの右ポケットなのでRを親機に登録し直しました。

 

くどしゅん的レビュー

まずくどしゅんの環境ですが、iPhone SEなのでBluetooth4.2環境となります。
僕のスマホ定位置は必ずズボンの右ポケットです。

また、これまで使っていたのが以下の格安トゥルーワイヤレスですので、
それと比較していく形となります。

ちなみにこの格安トゥルーワイヤレスイヤホンだと、二子玉川駅で必ず途切れ途切れになります。
その他にも本当に体が密着するような超満員電車でも飛びまくります。

まあストレス感じる方々もいるかと思いますが、まあこれがトゥルーワイヤレスの限界だろうと思っているので、
くどしゅんはあまり気にしていません。

 

 

VIE FITの音飛び

まず肝心な音飛びについてですが、まだ自宅使用のみですので、しっかりとしたレビューができるわけではありません。
本日夜に外出予定がありますのでそこでの使用感はまた追って記載します。
※2018/6/16 後段に外出時の音飛び状況を追記しました。

家で使用している分には全く音飛びはないですね。

膝を立てて座るとスマホが体に挟まれる状態となりますが、
そんな状態でも音飛びはしません。

ただし

L側のイヤホンを片側で塞ぐと確実にR側は聞こえなくなります。
これはトゥルーワイヤレスイヤホンの弱点という部分で、他の製品でも十分起きることですね。

金曜日の夜に外出をした際の音飛び状況ですが。

用賀の道端で飛ぶことはありませんでした。
用賀駅ホームや電車内も同様です。

二子玉川駅のホームでは、行くときは飛ばなかったのですが、
帰りは結構飛びました。(平日の帰宅ラッシュ時間です。)

これは前の機種からなので、どうやっても仕方ないですね。

また、改札と二子玉川RISEの間で数回音飛びしたことと、
蔦屋家電のオーディオコーナーを通った際にR側が途切れました。
(このときは親機はまだLでしたが以降はRを親機にしています。)

いずれも通り過ぎることで回避しました。

渋谷センター街にも行きましたが、十字路で数回途切れました。
渋谷ロフト店内、紀伊国屋書店、ビレバン、無印では全く途切れませんでした。

もし、ひどい時でもスマホをイヤホンに近づけて、
バッファを蓄えてやればよいのでそんなストレスを僕は感じません。

そういえばバッファはどれくらいなのか?と思ってGaragebandの鍵盤を叩いてみましたが、
約一秒ほどのレイテンシーでした。このレイテンシーはYoutubeなどでは結構ストレスになるかもしれません。

まあこれもトゥルーワイヤレスの宿命でしょう。

VIE FITの装着感

もうこれに関しては申し分ないです。

本当に耳の奥まで押し込めて、外れる気がしません。
一部耳の奥まで突っ込むと音が飛ぶというレビューを見ましたが、僕の場合はとくにないですねぇ。

梅雨に入ってしまったのでランニングはまだできていませんが、
ランニング程度であれば、イヤーウイングなしでいけるかもしれません。

このあたりのデメリットがあるとすれば、
あまりにも耳の穴を密閉するので、外の音が聞こえづらくジョギング時に危ないかも。。

というくらいですね。

 

VIE FIT音質

ここもクラウドファンディングであるため試聴ができず、とても気になっていた部分です。

今回は、せっかくだから新しい音源で試聴してみようということで
グレイテストショーマンのサントラで聴いてみることにしました。

ちなみにくどしゅんはオーディオマニアではありませんが、
自分でミックス・マスタリングもしますので、その辺りには詳しいほうです。

で、音質ですが予想以上にいいですね。

例えるなら、BOSEやBEATS系の楽しく弾むサウンドだと思います。

ダンス系に強いサウンドかもしれませんが、
ロックでもいい感じにリスニングできると思います。

このサントラ自体がかなりなドンシャリ(ハイローが強く、ミッドを抑えている)なんですが、
それにうまく対応してくれていますね。

解像度も申し分ないです。
耳に痛い帯域もなく、でかい音量でも楽しめます。

17kHzまでの再生能力のイヤホンですとどうしてもプレゼンスが足らなく籠るように感じるのですが、
そういったこともありません。
(そろそろ年齢的に聞こえなくなる帯域ですが、僕未だにモスキートーンとか気になっちゃうタイプなので)

ただ、やや低音が強いかもしれません。

このモニタ環境でミックスをするならば、50Hz〜100Hzを結構ばっさり切ると思います。
それくらい強いです。

もしかしたら移動用を意識しているのかもしれません。
外の環境音って上記のような低音で溢れていて、音楽の低音がマスクされることが多いからです。

 

総評

くどしゅん的には、返金しなくてよかったぁというのが正直な感想ですね。

とっても音がいいですし。装着感も最高ですから。

満員電車で途切れるのはトゥルーワイヤレスの宿命だと思っているので気にしません。
それほど混んでない(この混んでないは「人」でもあるし「2.4GHz帯」でもあります。)環境で飛びまくったら考えますが、

ファームウェアで改善させるというメーカーの方針もあるようですし、
くどしゅんは使い続けようかと考えているところです。

まあ外出してみたら、全く使い物にならない可能性もまだ残っていますが。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだ外出できていない環境ですが、ファーストインプレッション的には満足する結果となっています。

まだ届いていないあなたの不安解消になれば幸いです。

 

追加レビュー(随時追記)

2018/06/25追記

昨日ランニングを行いました。

走行距離は4km。近所の馬事公苑を2周しました。
その間、一回も音飛びをすることはありませんでした。

またイヤーウイングをつけずに走りましたが、
装着感としてはかつてなくいいです。

走っていると、今までのイヤホンでは耳の奥にグッと押し込んだものが

緩んでくる感覚があって走りながら耳に押し込むような作業を度々しなければならないのはもう宿命だったんですが、

VIE FITではそのようなことが皆無でした!これはすごい!

たぶん、相当な瞬発力のある運動をしないかぎりズレやゆるみとは無縁だと思います。

とはいえやはり駅では音飛びします。
不思議なのはどんなに満員電車であろうと、駅構内ではなく車内に入ればスマホが密着しない限りは音飛びしないことです。

駅構内で音飛びするのは他のイヤホンでもそうなので、
ファームウェアで改善できるのであればしていただきたいですが、

お願いなのは、

ファームウェアを上げても、もとに戻す手段は用意しておいてね!ってことです。

 

2018/0701追記

今日VIE FITをつけて出かけたら、やたら音飛びが発生しました。

なぜだろうと思ったら、Wi-Fiを切ってなかったんです。

iPhoneはWi-Fiの仕様が変わったようで、外出時にWi-Fiをオンにしておくと
やたら電池が減る現象が発生します。

なので、いつも外出時はWi-Fiをオフしてたんですが忘れてました。
(話変わりますが、アップルさんこの仕様治してよね!iPhoneの電池が減る現象は確実にWi-Fiのせいです。昔はこんなことなかったんだから治せるはず。)

で、Wi-FiをiPhoneの設定画面から無効にしたら、全く音飛びしなくなりました。

なので音飛びが酷いと思ったらその辺りに設定確認してみてください。
面倒ですけどね。。

 

今日のくどしゅん【のおと】

くどしゅん
トゥルーワイヤレスはそもそも音飛びするもの。でも、その頻度が重要だよね。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事