スポンサーリンク

どういうわけか、用賀ではITに詳しい人ということになっています。

なのでよく質問を受けるんですが、
ITだっていろいろ広いんだぞ~ということで簡単に返せる質問以外はごにょごにょします。

しっかりとPCサポートの依頼があればしますが、
しっかりギャランティーをいただいてやってます。(寿司ゴチとか)

で、最近聞かれたことを記事にしてみました。

その方は、HDDを探しておられて。
「くどしゅんさー、HDD欲しいんだけどどれがいいの??」

と会うたびに聞かれました。

くどしゅん的おすすめ外付けHDDとは?

私はその質問に一貫してこう答えています。

なんでもいいから2つ買え!!

もうこれに尽きます。

HDDは壊れるものなんです。

AmazonのクラウドサービスであるAWSだってサーバは落ちる前提で可用性の高い設計をしろ!と言っています。

どんなにいいメーカーのHDD買おうが壊れます。
なので、2つ買いましょうと。

MacならTimeMachineの機能を設定すれば勝手にバックアップはとってくれますし、
Windowsでも[コントロールパネル]-[バックアップと復元(Windows7)]から設定できます。

HDDひとつをプライマリーとして、もうひとつをセカンダリーとして同じデータを保存しておくということです。

なのでHDDは接続方法(USB2.0なのか、USB3.1Gen1=3.0かUSB3.1Gen2なのか)と容量が決まればなんでもいいです。
※所謂USBという記載があるものであれば互換性がありますので、繋がりますが上位に対応していれば速度が変わります。

こういうやつで全く問題ありません↓
容量は2TBあたりがお買い得かと思います。

スポンサーリンク

くどしゅん宅構成は??

では、私がどのように運用しているかを書いていきます。
参考にしていただければと思いますが、初心者にはちょっと難しいかもしれません。

まずHDDは上記リンクのようなケースつきのものは実は使っていません。
むき身のやつを買います。SATAのものです。

こんなのです。

今運用中なのは、TimeMachine用に2TBの3.5インチHDDがひとつ。
ストレージ用に1TBがひとつです。

そのほかにも余ったHDDを使っていますが割愛します。

TimeMachine用のディスクにはOSのイメージからストレージやほかのHDD、後述するSSDのバックアップをまるっと取得しています。

でこれらとMacの接続ですが、
HDDが複数入るケースを使っています。

このケースに、むき身のHDDをガシャコン!!とはめてやるだけです。
あとはケーブル一本でMacと接続できます。(電源は必要です)

接続はUSB3.1Gen1(つまりUSB3.0)です。
次のiMac買い替え時にはUSB3.1Gen2になるんでしょうね。

RAIDに対応しているので2つのディスクをミラーリングさせてOS側でひとつのディスクに認識させることもできます。僕はRAIDにはしていません。

また、くどしゅんはDTMで音楽を作ったりもしますので、膨大な音源ライブラリ用に
上記とは別にSSDも使っています。
※SSDはフラッシュメモリのようなもので、磁気ディスクではないのでHDDよりアクセスがとても速い。

それも、SSD単体で購入し、ケースを別で買ってiMacに接続しています。
ガチャベイとは別にしたほうがアクセスが速いからです。

SSD単体

ケース

いかがでしたでしょうか?

消えても大丈夫なデータ、絶対消えて欲しくないデータ。
用途や重要度も人それぞれですが、皆様のデータの保管にいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事