スポンサーリンク

いまやiPhoneにイヤホン端子がない

昨今はスタジオでのリハーサルや練習を気軽に録音できます。

iPhoneなどのスマホでもできますが、やはりPCMレコーダーは音質がよく
ハイレゾ音質でレビューをすることができます。

でも、今最新のiPhoneってイヤホン端子ないんですよね。

これにより、Bluetoothがより認知され、
ワイヤレスイヤホンを電車内で見かける機会が多くなりました。

こうやって世の中進化していくんですねー。

スポンサーリンク

でもICレコーダーは?

しかしながら、PCM,ICレコーダーと呼ばれているものは
各メーカーから発売されていますが、Bluetooth対応のものってほとんどないんですよ。

おそらくこれは、Bluetoothにすることによって音質が劣化するため、
96kHz/24bitで録音する意味がなくなってしまうからだと思います。

しかし、リハーサルや練習録音用途に、
はたしてそこまでの音質が必要でしょうか??

僕はmp3レベルになってくれれば、全然問題ないと思います。
それよりも、レコーダーのために有線イヤホンを持ち歩くほうがナンセンスだと思います。

オリンパスLS-P4はBluetooth

で探してみたところ、ありました!

オリンパスLS-P2なら、Bluetooth対応しているので、

iPhoneなどで普段使っているBluetoothイヤホンでリハーサルや練習音源を
帰りの電車で即効レビューすることができます。

この便利さはたまらないっす。

内臓メモリも8GBありますんで、長時間のリハも全然問題なく録音できます。

USB接続端子を内蔵

この手のレコーダーって充電するときに、USBケーブルが必要だったりして面倒だったりするんですが、
LS-P4はUSBの端子を内蔵していて、スライドで収納もできるようになっています。

したがって、USBの口があればそのままブスっとさしてしまえば、充電できます。
これもまた便利なんです。

くどしゅん的超おすすめです。(こちらは一世代前のLS-P2)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事