スポンサーリンク

2018/05  配送状況について追記しました。
2018/06/15 商品が届いたのでレビュー記事を投稿しました!

ずっと前からワイヤレス使ってました

昨今はiphoneのイヤホンジャックが廃止されたり、
イヤホンの無線化が進んでいますが

くどしゅんはかなり前からBluetoothイヤホンを使っています。

2014年からはずっとjaybirdのBlueBuds Xを使っていました。


こいつがかなり優秀で、電池の持ちもいいし、
音質がSony MDR-CD900STに似ていて、モニタ用途にもすごくよかったんです。

ですが、4年も使うとさすがにバッテリーが少なくなってきますし、
誤発信してしまうことが発生してきたので、買い替えを検討していました。

スポンサーリンク

ランニングもするので

防水、防滴は必須となるとSonyやB&Oは対象外となってしまいます。

で、BOSEはどうだと試聴しにいったのですが、

 

音はいいのですがやはりダンス向け、そしてトゥルーワイヤレスのわりにデカいという感じがしたので買いあぐねていました。

そんな中見つけたのがクラウドファンディングで資金を募っていたVIE FITです。

VIE FITのここがすごいを簡単に

誰の耳にでもフィットする

肌に触れる全ての部分が柔らかく低反発、丈夫な抗菌シリコンでできているんだそうで、
誰の耳の形に変形してカスタムフィットするんだそうです。

360度回転スピーカー

イヤホン自体がグリンと回るので、これまたフィット感向上

勿論防水

IPX5なので、水洗い可能

脅威の再生時間

イヤホンのみで4.5H、充電ケースで33H!

VIE FITのここがダメを簡単に

市販されていないので、試聴できない

この製品はクラウンドファンディングで投資を募って製造ということなので、試聴ができませんし、フィット感もわかりません。

サポートがどれくらいかが未知

購入できて、音の満足だったとしてもすぐ壊れてしまっては身も蓋もないです。

くどしゅん的注目ポイント

僕がこのVIE FITのクラウドファンディングに乗った理由は、
市販にベストなものがなかったことと、もうひとつ理由があります。

それはBluetooth5.0という規格にVIE FITが対応しているからです。

Bluetooth5.0とは?

実はこれ、最近採用されつつある規格で、iphoneでいうと8から搭載されたものです。

それまではBluetooth4.2という規格で、それと比べると
単純に8倍のデータ容量を送ることができるようになります。

それってつまり、音がブチブチ切れづらくなるってことです。

従来BluetoothはSBCという高圧縮のコーデックで音楽を転送していましたが、
最近ではAACやapt-Xなどの高音質なコーデックを転送することが可能です。

ですが、高音質=データ容量肥大なので、
それにより音切れが発生しやすくなるデメリットもありました。

少し余談になりますが、僕の生活圏でいうと
東急田園都市線の二子玉川駅ってBluetoothがブチブチ途切れます。。

あれ、何でなんですかねぇ?(2.4GHz帯が混んでる?)

しかし、VIE FITはBluetooth5.0に対応していますから、高音質で
ストレスなく音楽が楽しめるということになるのです。

まだBluetooth5.0対応スマホはそんなにない

ですが、実はまだスマホはあまりBluetooth5.0に対応していません。
iphoneは8からで、僕が使っているiphone SEはBluetooth4.2なんです。

だから、iPhone SE2出してくれないかなぁなんて考えています。

噂によると2018年5,6月に出るかもということでそれにかけてVIE FITを購入することにしたんです。
まあ出なくてもVIE FIT自体がよければ別に気にしませんしね。

届くのは6月

買ったは買ったんですが、届くのは6月なんですよね。
それまでどうしたものか?僕のBlueBudsも限界を迎えつつあります。

そしたら、Amazonで超安いトゥルーワイヤレスがあるじゃないか!

 

これで6月までもちそうだ。

VIE FITの詳細はこちらから↓

2018/05追記

kickstarterでオーダー方は届きはじめている方には届きはじめているようですね。
途切れの不具合があるものの、ファームウェアのアップデートで解消という情報も入手しています。

また、makuake組へのお知らせで前倒し5月中のお届けだったものの、
一部製品の仕様不備で最終検品工程を追加したため、やはり6月中のお届けになる旨記載がありました。

気長に待ちましょう!

届き次第、レビューします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事