スポンサーリンク

用賀メインストリート最終地点にある小料理屋

用賀のすり鉢階段を上り、ココカラファインに挟まれた道を進んで
「あれ、もうここでお店終わりかなぁ」というくらい進んだ外れに

用賀随一のぬか漬けを出す名店「ひろ本」はあります。

 

スポンサーリンク

地元の常連が集まる日本酒、肴のお店

このお店は料理好きな店主が、副業として始めた小料理屋で
主にその日の肴と、日替わりの日本酒が楽しめるお店です。

くどしゅんはここのぬか漬けが大好きで、
レギュラーメニューではないのですが、ある日は必ずと言っていいほどオーダーしています。

 

基本集まるのは、昔からの常連さんが多いですが、
一見さんにもやさしく、客同士の会話も楽しめます。

日本酒は生酒で最高でも700円

昨今は日本酒ブームで、一杯千円越えのようなものもありますが、
ここの日本酒は最高でも700円です。

毎日変わる日本酒ですので、同じものがある日はあまりありませんが、
逆にそれが楽しみで写真を撮られる常連さんも多いですね。

焼酎、ハイボールは基本ダブル

焼酎も最高700円、ハイボールは銘柄により変わりますが
特筆すべきはすべてがダブルの量であることです。

濃いめが好きな方にはピッタリ。

一人向けメニューが充実

基本的にはおひとり様向けメニューが充実しており、

2500円で、お酒二杯と刺身乗り合わせが楽しめます。
コースではお酒は600円のものとなりますが、プラスを支払えば700円のものも可能です。

今年は音楽も、ネットビジネスもやらない日を作ろうと思うのです。早速明日。映画でも行こうかなぁ。

くど しゅんさんの投稿 2017年1月21日(土)


※雲丹があることは稀です。

 

600円のお酒は黒帯で、お燗用のお酒もあります。

ビールは生、瓶ともにエビスビールとなり、
瓶の場合は陶器のグラスできめ細かい泡を楽しめます。

 

毎日変わるお通し

お通しが300円となりますが、毎日変わるのでとても楽しみになります。

店主が料理好きであるため、かなり傑作なお通しに出会える日もあります。

店内はカントリーが流れる

店主はカントリーが大好きな方で、また集まるお客さんも
音楽好きが多く、店内ではバンジョーやマンドリン、スチールギターの音が軽快に流れており、

とても居心地がよいです。

まとめ

基本的にほぼ常連の方しかいないお店ですが、
ぜひ一度行ってみてほしいお店ですね。

くどしゅんに会えることもあるかもしれませんw

お蕎麦やうどん、焼きそばなど麺類もあるので、
その日のディナーはここで完結しますよ。

 

定休日 日・月曜日
営業時間 18:30〜22:30L.O
予算 2500円〜
喫煙 可(ただし常連さんは外で吸ってます。)
メニュー ■コース
お酒二杯・刺し身盛り合わせ 2500円

 

■つまみ
日替わり

 

■飲み物
生ビール 600円
瓶ビール 600円日本酒
黒帯 600
花垣 700
いい風 700
お燗酒 500
その他日替わり 700

ワイン グラス500円 ボトル2000円
紹興酒 600円
ウイスキー富士山麓 700円
メーカーズマーク 800円

焼酎
金山蔵 700円
寿福絹子 600円
兼八 700円

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事