スポンサーリンク

Instagramの制限

Instagramをビジネス用途で使われている方もいると思いますがそんなとき困るのはプロフのURL。

どうやっても誘導できるのはひとつのサイトだけなんですよね。

スポンサーリンク

本文中にURLが張れない

しかもInstagramの場合、フィード投稿にURLを記載したとしても、タップできるようにはならないんですよね。

なのでどこかのサイトに誘導したい場合は、「プロフリンクを確認してください」などの記載が投稿ごとに必要になります。

リンク集をプロフリンクに設定すればいい

Instagramのプロフィールに複数のURLが指定できないのであれば、リンク集を作成してそれをプロフリンクに設定すればよいわけですよね。

ということでHTMLでもこさえるかぁ。ってちょっと待ってください。

いいサービスあります。

linktreeを使おう

このサービスを使えば、簡単にリンク集サイトを構築することができます。

使い方は簡単。ユーザ登録して無料版を選択、あとはリンクを追加/表示順を設定すればすぐ完成します。

手順

  1. サイトにアクセスし、右上の「SIGN UP FREE」をクリック
  2. 「Sign up with Instagram」をクリック
  3. Username、Real name、E-mailアドレスを入力し「Save details」をクリック
  4. 無料版を使うので「Continue with Free」をクリック
  5. 「+ADD NEW BUTTON / LINK」をクリックすると行が追加されていくので、タイトルとリンクを入力します。リンクはドラッグ&ドロップで順番を入れ替えることができ、最終的に右上のURLをInsgramプロフに設定する

 

くどしゅんはこう設定しています

僕の場合、メインの雑記ブログはひとつなんですけど、
Insta垢はジャンルごとに複数あって、それに関連したブログのカテゴリにすぐ飛べるようにしています。

例えば、Instagramの読書アカウントの場合、それを見てより詳細な感想が読みたいってなったときに、僕のブログのトップに飛んでも読書記事があるとは限らないわけです。

だから読書カテゴリの記事へ飛べるよう設定してあげるわけですね。

同じように作曲だったら、楽曲カテゴリに飛ぶリンクを作ったり。

多くの人は、「くどしゅん」という人間に興味はないわけで、特化した情報が欲しいわけです。それにうまく誘導して適切なコンテンツをみてもらうには最適な方法だと思います。

是非linktreeを導入してみてください。

 

今日のくどしゅん【のおと】

くどしゅん
SNSの戦略をじっくり練ることにしました。
スポンサーリンク
おすすめの記事