2020年最新ギターワイヤレス機材比較

DTM

 

この記事は

  • ワイヤレスの導入を検討している
  • すでに使っているが最新のプロダクツが知りたい
  • ギターを無線化するにあたりどんなタイプがあるのか知りたい

という方に向けて書いています。

 

2020年のワイヤレス事情

 

ギター界のデジタル化により、一気に普及したワイヤレス。

 

デジタルといえばLINE6が有名でしたが、現在では様々なメーカーが2.4GHz帯を用いたワイヤレスプロダクツを発売しています。

 

ワイヤレスのタイプ

ギター/ベース用ワイヤレス機材には大きく分けて3つの種類があります。

 

フロアレシーバー/ケーブルトランスミッター型

一番ポピュラーなのはレシーバーとトランスミッター型です。こちらのタイプは主にペダルボードにレシーバーを設置して使います。

 

トランスミッターはギターやベースのストラップに固定するような形となります。トランスミッターには自由にシールドを選べるものと専用のものを使うものがあるので注意が必要です。

 

伝送範囲は20m-50m程度となります。

昔からワイヤレスに憧れた世代はこれが一番しっくり来るのではないでしょうか?

※ベストセラーである、Line6のRelay G30は今でも販売していますが、もうかなり前の機種ですのでリストからは除外させていただきました。

 

 

 

 

フロアレシーバー/プラグトランスミッター型

 

プラグトランスミッターの場合は、ケーブルが必要なく、トランスミッター自体にフォーンプラグがついているものです。

 

レシーバーは同様にペダルボードに設置して利用する形となります。

こちらも伝送範囲は20m-40程度ですね。

 

 

 

 

プラグレシーバー・プラグトランスミッター型

最後は、レシーバーもトランスミッターもプラグでダイレクトに挿せるものです。

 

昨今の技術でここまで小型化することができました。

伝送範囲は短めで15m程度のものが一般的です。

 

 

 

レイテンシーについて

 

デジタルとなると気になるのはバッファーによるレイテンシー。

 

とくに昨今はアンプもシミュレーターを用いている場合もあり、ワイヤレスによってさらにレイテンシーが加算される形となります。

 

しかしながらカタログ値をみてみると、どれも数ミリsecであり、気にするほどのことではありませんでした。

 

  • LINE6:2.9ms
  • BOSS:2.3ms
  • Xvive:6ms未満
  • Shure:4ms

 

 

ダサい問題を考える

 

一番画期的なのは、プラグ-プラグタイプのワイヤレスだと思うんです。

 

ですが、これがいかんせんダサくみえる。プロっぽくない。。と思うのは私だけでしょうか?

 

子供の頃からトランスミッターをストラップに固定してワイヤー接続してきたアーティストのライブを観てきた身としては、どうにもこれが受け入れられない。

 

でもきっとこれが一番軽くて便利なはずなんですよね。BOSSのWL-20なんてたった60gですからね。

パラダイムシフトしなければと最近思いますw

 

プラグ-プラグタイプは伝送範囲も15mと短めです。街のライブハウスでは十分使用に耐えうるものだとは思いますが、心もとなければ

 

フロアレシーバータイプをライブ用に

プラグ-プラグタイプ日々のリハーサル用に

 

と使い分けてみるのもよいでしょう。

 

あと、緊急用でシールドも1本は持ち歩きましょうね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

僕もワイヤレスを長いこと使っていますが本当に便利です。

レイテンシーもほぼなく、高音質で無線化可能です。

 

まだ導入されていない方はケーブルから開放されて、ステージアクションに専念できるかもしれません。

 

 

くどしゅん
プラグ-プラグがダサく感じるのは自分がおっさんなだけ!

 

最新情報をチェックしよう!