2020年!DTMで使うモニターヘッドホンはこの3種がオススメ!

DTM

 

 

この記事は

  • DTMでオススメのモニターヘッドホンが知りたい
  • タイプによる違いが知りたい
  • これさえあればOKというものが知りたい

方に向けて書いています。

 

スピーカーに出して聞ければよいけど。。

 

DTMをやっていてレコーディングやミックス時に、外部のスピーカーで音を出せる環境は個人の家ではなかなかないのではないでしょうか??

 

多くは、ヘッドホンで確認するが大半だと思います。

そうなったときに利用するモニターヘッドホン。

 

これにはいくつか種類があり、用途によって使い分ければ、スピーカーがなくてもそれに迫るミックスは可能になります。

 

今日はその3種類とこれさえあればOKというイチオシのアイテムを紹介します。

 

 

DTMで使うモニターは3種類

 

DTMで使うヘッドホンは主に3種類です。

 

密閉型

ハウジング内にある発音ユニット後方部分と外部との密閉度が高いヘッドホンです。

仕組み上ハウジングの外側への音は吸収されているため音漏れが少ないのが特徴です。

密閉度が高いので、レコーディングの際にヘッドホンの音が録音されてしまうことがないので歌録りなどの際は密閉型を使うとよいでしょう。

密閉型ということで長時間の装着は蒸れることもあります。

また本来外側に漏れるはずの音が反射してしまい、こもりや詰まった感じがする場合もあります。

 

レコーディングと、ミックスの最終チェック用として利用するとよいでしょう。

 

おすすめはやはり、SonyのMDR-CD900STですね。

どこのレコーディングスタジオにもあり、またパーツが交換できるためメンテして10年以上使えます。

 

 

 

開放型

密閉型と違い、外部の密閉度が低いのが開放型の特徴です。

 

ハウジング外側の音を小さい細かな穴から逃しているため音漏れがかなりします。

したがってレコーディングには不向きです。

 

しかしながら、反射音がないためこもりがなく自然でダイナミックなサウンドを鳴らします。

また開放型の特徴として密閉型よりもヘッドホンが軽いため、長時間の作業も快適に行えます。

 

したがって、時間のかかるミックス、マスタリング作業時に重宝します。

 

おすすめはAKGのK701-Y3です。

 

 

 

インイヤー型(カナル型)

最後は正確にはヘッドホンではなくイヤホンです。

 

インイヤー型のモニターとなります。

インイヤー型のモニターが得意なのは、何より低音です。

 

ミックスをしていると低音の処理の重要性を感じます。

また上記密閉型も開放型も低音がやや弱く、バスドラムやベースをミックスする際にインイヤー型はとてもやりやすいです。

 

また、どうやっても蒸れないというのもインイヤー型のよいところといえるでしょう。

インイヤー型は、夏場の作業、低音の処理時に使うのがよいです。

 

弱点は装着しづらいことでしょうか。

また線が細く短いため、耐久性や装着時の自由度がやや低いことが挙げられます。

 

おすすめは、やはりSonyのMDR-EX800STです。

コード交換もできるため、万が一断線しても大丈夫です。

 

 

あとはスマホで最終チェック

 

この3つのヘッドホンがあれば腕次第ではありますが、

 

ニアフィールドモニタースピーカーでそれなりの音量で流しながら行ったミックスに負けない質に仕上げることは十分可能です。

 

しかしながら最近は、スマホで最終チェックする人も増えているようです。

スマホであれば、だれでも持っているのでそれで最終チェックをしてみましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は厳選したモニターヘッドホンを3種ご紹介しました。

ぶっちゃけこの3つ持っていれば、もうモニターに投資する必要はないと思います。

 

しかしながらどれも長所と短所がありますので、

用途により使い分けていくとより快適に早く目標の音に仕上げることができると思います。

 

くどしゅん
MDR-CD900STのパッド交換時に中にまで汗シミがあってオエってなりますw

 

最新情報をチェックしよう!