DTMでリファレンス曲に近づける方法

DTM

この記事は

  • 自分の曲がCDみたいにならない
  • リファレンス曲に近づける方法が知りたい

方に向けて書いています。

 

誰もが曲を作って発表できる時代

 

現在ではレコーディングスタジオにあるような、超高級機材を持っていなくても

PC上でエミュレートされたモデリングエフェクトなどを利用することにより、

 

 

アマチュアであってもCDのような音源を作ることが可能な時代となりました。

ボカロなどの発展もあり、それによりクリエイター人口は飛躍的に増加、誰もが作品を発表する時代となりました。

あわせて読みたい

この記事は 初音ミクNTの使い方や使用感を知りたい 方に向けて書いています。   メジャー版発売   こちらの記事で初音ミクNTを購入することにした筆者。 [sitecard sub[…]

 

 

なかなかCDみたいにならない

 

しかしながら、実際にやってみるとプロのCD音源のような質に仕上げるのは本当に難しく、

沼にはまり多くの時間を割いてしまうことになります。

 

どうやってもCDの音質に仕上げることができないのです。

機材の質が上がっても、ユーザーの技術というものが大きく左右するのがミキシング/マスタリングの難しさと言えるでしょう。

 

 

リファレンス曲を用意しよう

 

そういった場合、ミキシングやマスタリングでリファレンス曲を準備するとよいでしょう。

 

バランスや質感をこれに似せたい!という音源を用意するのです。

Youtubeなどの音源でもかまいませんが、ここはやはりアーティストのためにCDは購入してほしいです。

 

サブスクであっても、WAVファイルを使用していくためCD媒体を購入するのが一番だと思います。

 

 

リファレンス曲に近づける方法

 

では、ある程度ミックスされた音源と、リファレンス曲があったとして、

どのようにそれに近づければよいか?

 

ミキシングのエンジニアなどは、いわゆるミュージシャンとは全く異なるベクトルの耳の良さを持ち合わせています。

彼らはHzで音が聞き取れ得るのです。

しかしながら私達、音楽家側はそのような耳を持ち合わせていません。

 

エンジニアが一聴して、この帯域が強いとか弱いとかを判断できる部分を我々はどのように判別すればよいでしょうか?

 

それは、音源の帯域を絞ってあげればよいのです。

 

ISOL8を使えば帯域ごとに比較ができる

 

ISOL8というフリーのプラグインがあります。

このプラグインはボタンひとつで曲の帯域を絞って再生することが可能です。

 

このISOL8の「LF SOLO」を押すだけで、〜200Hzの音だけをリスニングすることができます。

あなたの曲と、リファレンス曲を相互に鳴らしてみると、Hzで聞き分ける耳がなかったとしても、違いがわかるでしょう。

 

あとは、リファレンス曲に似るようにEQやフェーダーで音量調整をすればよいのです。

同様に「LMF SOLO」や「MF SOLO」などもクリックして、各帯域の質感をリファレンス曲に似せていくことで、

 

あなたの曲がまたたく間にリファレンス曲のような質感に仕上がるはずです。

 

なお、ISOL8はMS処理も可能なので、

「M」や「S」をクリックすることでMid成分とSide成分に分離して比較することも可能です。

あわせて読みたい

この記事は DTMにおけるMS処理について知りたい ミックスにおいてどのようなことができるか知りたい 方に向けて書いています。   MS処理って何?   通常皆さんが聴いている音楽は[…]

 

 

のおとさん
ところで曲全体のミキシングがうまくできません。どうやってもCDみたいな音にならなくて。。
くどしゅん

わかる!「歌ってみた」や「弾いてみた」動画や、DTMで作曲したときにミックスがうまくいかなくて沼にハマるよね。そんなときはRMSメソッドで巷のCDみたいなミックスに仕上げる技術を学べるよ!

しかも今なら、破格の400円でそのメソッドが学べるんだ!
※好評につき残り1名の限定価格となります。定員になり次第800円に値上げします。

 

巷のCDのサウンドを「再現」できるメソッド(Reproducible Mixing Sound)。略してRMSメソッド。

DTMerがハマるミキシングを、たった数日で学べる音楽教材です。
Logic Pro X ユーザーでミキシングの初心者〜中級者を対象にしています。

まずはこのメソッドの紹介動画(1:30)をご覧ください。

 

  • DTMスクールでは数十万円かかるミキシングのスキルを破格で習得できる!
  • メソッドに基づいて設定をしていけば、誰でもCDクオリティを再現できる!
  • 教材として46個のWAVファイル(96kHz/24bit)および各工程の処理結果ファイルが付属!
  • リファレンス曲としてヒットチャート上位曲を使用!
  • 習得したスキルは他の曲でも再現できる!
  • パラメータの設定理由や数値も全公開!
  • Logic Pro Xの標準プラグインのみを使用!
のおとさん
どうしてこんなに安いんですか?
くどしゅん
筆者自身がひとりで作ったメソッドで、サポート的な対応ができないからだよ。
筆者も音楽を作り続けないといけないから。
そのために全パラメータを公開したプロジェクトファイルが付属しているから、誰でも再現できるはずだよ!
是非やってみてね!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

エンジニア的耳は持ち合わせていないけれども、帯域さえ絞れれば比較はしやすくなります。

技術がなくともそれを補ってくれるプラグイン達。

 

これらをうまく使いこなすことでミックスの質を向上させて、

かつ時間を短縮させて我々はより作曲のほうに時間を割きましょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!