スポンサーリンク

読書が趣味

ビジネス書を読み漁るようになってどれくらいでしょうか?

たまに小説も読みますが、くどしゅんの読書のベースはビジネス書です。

おそらく、ネットビジネスで情報商材を読むようになってから、
マーケティングとか儲け方とかに興味が沸くようになったんでしょうね。

情報商材は如何わしいものもありますが、実際くどしゅんはアフィリエイトで100万稼ぎましたからね。

でもたくさん本を読んでも人間基本すべて忘れますw

そうならないために、くどしゅんはこうやってブログで書籍の記事を上げているわけです。
もちろん、価値ある情報をみんなに教えたいという願望もあります。

そう、物事を習得するにはアウトプットが大事なんですよね。
なので、どうやったら効率よく自分を進化させていくことができるか?

今回はそこにフォーカスしてみました。

 

スポンサーリンク

樺沢さんの本は3冊目

樺沢さんの本は、無駄にならない勉強法、神・時間術とこれで三冊目となります。

この方本当に精力的に活動されていて、毎日ブログ更新、メルマガ発行。
年に数冊の書籍リリースをしながら精神科医であり、年間200本の映画を鑑賞する

もうアウトプットしまくりな人なんです。

この人のようにバシバシアプトプットすることで自分も進化していきたいです。

こんな人のおすすめ

樺沢さんの本は基本的にどれも一貫してメッセージは同じなのですが、
それでもアウトプット大全は以下のような特徴があります。
他の書籍は活字が多いのですが、本書は挿絵が多くあまり読書をされない方でも読みやすい構成といえるでしょう。

  • 自己啓発系の本は文字が多くて苦手
  • 手軽に効率のいい方法が知りたい
  • 辞書みたいに引けるのがいい
  • 部下の育て方についても知りたい

 

理想のアウトプットは3:7

本書一番のメッセージはこれじゃないでしょうか?

何かを覚えるには、インがあってのことだと思いますが、
それに対してのアウトプット比率は上記の値が最適だそうです。

要は、月に10冊本を読んで何もしないより3冊読んでちゃんとアプトプットしたほうが身になるよってことですね。

長期記憶に残す最適な方法

またくどしゅんが印象に残ったのは、アウトプットのタイミングですね。
科学的に、インプットしたもを2週間のうち3回アウトプットすると長期記憶に残りやすいそうです。

これやれているようでやれてない場合が多いですよね。

この本が気に入った人はこれもおすすめ

アウトプットをして、より内容を熟知していくには習慣化が必要ですよね。
そういった場合に役立つ書籍として、以下もおすすめです。

まとめ

スクールなどで何かを学びたい場合、先生から教示されるだけでは身になりません。
役立てるためにはアウトプットが必要です。

まずはこの意識をもって、樺沢さんの本を読んでみてはいかがでしょうか?
どうせ習うなら、費用対効果を最大限にしてしまいましょう。

 

今日のくどしゅん【のおと】

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事