安達としまむらED「キミのとなりで」メロディーコード分析

この記事は

  • TVアニメ「安達としまむら」ED曲が知りたい
  • 「キミのとなりで」のコードやアレンジの解説が読みたい

方に向けて書いています。

 

安達としまむらED「キミのとなりで」

 

2020年10月クールに放送されたTVアニメ「安達としまむら」

 

こちらで歌詞について分析してみました。

あわせて読みたい

この記事は TVアニメ「安達としまむら」のED曲が知りたい 「キミのとなりで」の歌詞の意味を知りたい 方に向けて書いています。   安達としまむら 引き続き、テレビアニメ「安達としまむら」です。 […]

 

今回はメロディーやコードを見ていきたいと思います。

 

疾走感のある曲で、耳コピするのが大変かつ、コードの展開がすさまじく、まさに日本が世界に誇るアニソンといった感じで、

作曲・編曲を担当した伊藤翼さんをすっげえなぁと感銘を受けました。

 

2曲分工数かかりましたw

 

この速度の歌を歌い上げる鬼頭さんも只者じゃないです。

 

 

 

 

Amazon Music Unlimitedがおすすめ!
30日無料で6500万曲が聴き放題!

 

 

メロディー&コード分析

 

 

Aメロ

 

印象

 

まずは聴いてみた印象です。

 

 

歌い出しは、憂鬱さやオシャレさを感じました。

複雑な感じの印象を抱きつつも、鈴鳴り系のギターのアルペジオでキラキラ感も少しあります。

 

後半は暗くなって不安になるものの、一旦安心するようなイメージを持ちました。

 

コード&メロディー

 

 

コードをみていると、冒頭の憂鬱さやオシャレさがIVによるものとわかります。

I/IIIというコードは本当によく使われますね。ダイアトニックのIIImよりも明るい流れを作れます。

 

そして後半4小節。

VからVImへ落ち着かせる間にA#の経過コードを使っています。不安からちょっと安心できるコード進行であることがわかります。

 

一方メロディーは、基本的にキーであるD Major Scaleで作られています。

 

細かくみると、前2小節は半音の動きがあるため、マイナーペンタ+テンション9度で繊細に、

後2小節はメジャーペンタでダイナミックに動いています。

 

コード進行と同じ「不安(繊細)⇛安定」と大体同じメロディーラインとなっていることがわかります。

 

Aメロの後半も同じような進行なので割愛しますが、最後の1小節がDで解決します。

その前段のBmもトニック的な役割なので、違和感はありません。

 

その他

エレキギターがAメロ前半はアルペジオ。後半はカッティングになります。

R側にもエレキギターが入っていて、こちらは単音カッティングをしている感じです。

 

ピアノはコードを刻んでいるように聞こえます。

珍しいアレンジですね。

 

Aメロの終わりにストリングスが入ってきます。

 

 

 

のおとさん
記事を読んでいたら、もう一度観たくなってきてしまいました。
くどしゅん
わかる!もう一度心揺さぶるシーンを観たいよね!
そういうことなら見放題の動画配信サービスU-NEXTがおすすめ!
なんともう一度観たくなったドラマやアニメ、映画が14万本以上見放題!!

 

31日間無料で観られて、いつでも解約可能!
アカウントも4つ同時視聴可能で家族も見放題!

フルHD/4K画質対応だから、ブルーレイと同等の画質で楽しめます。

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

Bメロ

 

印象

 

 

続いてBメロです。

 

最初の4小節は停滞している感じを受けました。

これはおそらく、ビートが半テンしたことによると思います。

 

なかなか進まない。スローモーションで流れていく感じです。

次の4小節では、それに対して続く不安とか、ちょっと安心。したはずなんどけど。

 

という繊細な心の動きが表現されていると感じました。

 

 

 

Bメロの後半は、スッキリとしない気持ちのドンヨリさが表現されているように感じました。

 

その後サビに向かう5小節で「答えが出る」感じ、「気づいてしまった」からの

「ハッとする」印象を持ちました。

 

まさに「安達としまむら」で表現されている同性同士の好意について「気づいてしまった!」感じがします。

アニメのテーマをコードだけで表現できてしまう作曲家さん。すごいなぁ。

 

 

 

 

 

 

コード&メロディー

 

 

なんと、Aメロとほぼ同じコード進行です。

 

洋楽だとAメロからサビまでずっと同じコード進行というのはよくあるのですが。

店舗が半テン&新しいメロディーすることにより、同じコード進行であることをあまり感じさせません。

 

8小節目のCはおそらく♭VIIなのでDm由来のコードだと思います。

Aからの半音上昇クリシェに合わせてセレクトされたコードですが、

 

Bmで一旦落ち着いたコードに対して、半音上に行くことで

再度不安(はずだけど)にさせていますね。

 

 

 

後半。

コードが新しい進行をしていきます。

 

クリシェでBから下降していく進行。

クリシェについては、髭男の曲「Laughter」でも多用されています。

あわせて読みたい

    この記事は 髭男のLaughterがどのように作られているか知りたい どのようにサウンドをつくっているか知りたい 同じような曲をつくってみたい 方に向けて書いています。[…]

 

切ない気持ちや、モヤモヤする部分でこのクリシェを使うとうまく表現できるようです。

「気づいてしまった」や「ハッとする」感じは、コードというよりは、サビに向けて盛り上がっていく各楽器のリズムやフィルによるものと思います。

 

 

 

 

サビ前半

 

さあ怒涛の展開をするサビです。

小節数にするととても長いので3つに分けて解説します。

 

印象

 

 

Bメロ終わり4拍目裏からアンティシペーションで入るので、とても疾走感があります。

 

そのまま、「走り出す」感じを覚えたのですが、4小節目で「浮いた感じ」の違和感を感じます。

その後「もとに戻る」のですが、すぐ不安⇛落ち着きになり、8小節目で「キラキラ」した印象を持ちます。

 

この「キラキラ」は言うまでもなく、ピアノのオブリガードがそう感じさせるのでしょう。

 

 

 

コード&メロディー

 

 

コードを見てみると、「浮いた感じ」の正体は、F6であることがわかります。

Gから半音下降していくクリシェなのですが、FはKey=Dには属さない音であるため、調性が外れたように聞こえます。

 

なので浮いた感じがしたのでしょう。

「違和感」、「浮いた感じ」を演出したいときは、調性外の音を使うといいということになりますね。

 

この進行は2回繰り返されますが、最後の3小節はA⇛DMaj7に進行します。

メロディーがDMaj7のC#、シラブルでいうとTiで解決するため、とてもオシャレ、複雑、繊細なメロディーの終わり方をします。

 

 

 

サビ後半

 

印象

 

 

 

サビ後半は「悩ましさ」を感じました。

それでももう止められないし、進むしかないという気持ちが4小節で表現され、

 

その後前向きになっていく描写に移っていく印象を持ちました。

そして最後は、明るく元気に終わっています。

 

 

コード&メロディー

 

 

「悩ましい」を印象づけているのは、#IVm7-5からの下降クリシェでした。

F6はやはりDmからの借用コードで、これも調性外の音なので「浮いた感じ」がしますね。

 

その後は、普通にツーファイブで解決して一旦メロディーは終わります。

ここのIIm−Vの部分はコードというよりは、ドラムのスネアなどで盛り上げていく手法でしょう。

 

今回あまりメロディーにフォーカスしていませんが、

というのも調性外の音が全く使われていないためです。

 

調性外の音が出てきた際に解釈しやすいように複数のペンタトニックで細分化しているのですが、

この曲は普通にメロディーはD Major Scaleでできている。でよいと思います。

 

 

サビ(Extra Bar)

 

サビの後半から続く部分です。サビ後半で終わっていても全然自然なんですが、

あえてつけているところから、ここに作曲者の意図があると思われます。

 

印象

 

 

一旦がサビが終わったと思ったらまだ続きます。

ここは歯車が回っていくようなイメージ、足並みが揃っていくようなイメージを持ちました。

 

最後の2小節は次のコーラスへ移るための下準備という感じですね。

 

 

コード&メロディー

 

 

コードが短い間隔でループしています。

したがって「歯車が回っていく」イメージを持ったのだと思います。

 

ギアが噛んでいく、物事が進んでいく描写にしたいときは、コードループにするとよいかもしれません。

 

一番最後の#IVm7-5は、トニックと捉える人もいますが、一般的にはSDmでしょう。

IV-V-Iに行くと見せかけて、#IVm7-5に行く進行は「まだ終わらない」感じを印象づけることができます。

 

米津玄師の「LEMON」でもサビの終わりに使われています。

 

 

 

のおとさん
やっぱり楽曲を改めて聴いていたらもう一度観たくなっちゃいました。
くどしゅん
わかる!アニメや映画の曲と映像は、本当に総合芸術だよね!
心揺さぶってくれた方々に本当に感謝!

 

日本のアニメ、ドラマ、映画の見放題作品数No.1!!
31日間は完全無料で見放題!解約もいつでもできる!

マンガもラノベも小説も1つのアプリで楽しめるから、原作を読んでみたい方にもオススメ!

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

昨今だと、鬼滅の刃の「炎」よりもこういった疾走感ある曲が、J-POPの流行りといえます。

あわせて読みたい

この記事は 鬼滅の刃 無限列車編の主題歌が知りたい 歌詞の考察が読みたい 楽曲の構成が知りたい 方に向けて書いています。   https://www.youtube.com/watch?v=[…]

 

テンポが速い分、小節数が多いためメロディーの展開も多くなります。

実はこういった曲を作ったことがなく、ちょっと挑戦してみたいと思いました。

 

今日も作曲の肥やしに。

 

 

くどしゅん
解析に忙しくて作曲ができてないジレンマ。
最新情報をチェックしよう!