映画「えんとつ町のプペル」メロディーコード分析

この記事は

  • えんとつ町のプペルの楽曲について詳しく知りたい
  • どのように作られているか知りたい

方に向けて書いています。

 

 

映画「えんとつ町のプペル」

 

大ヒットしているえんとつ町のプペル。

映画とほぼ同時に書籍「ゴミ人間」も発行されて、西野さんの勢いは止まりません。

 

前回こちらの記事で、映画「えんとつ町のプペル」の主題歌である同タイトル曲の歌詞を分析しました。

 

 

今日は、楽曲のメロディーやコードについて見ていきたいと思います。

 

Amazon Music Unlimitedがおすすめ!
30日無料で6500万曲が聴き放題!

 

 

メロディー&コード分析

 

6/8拍子の楽曲で、テンポは95程度です。

ワルツ形式の曲で、この絵本の世界に非常にマッチしています。

 

それでは楽曲を詳しくみてみましょう。

 

 

イントロ

 

印象

 

 

ピアノから始まるこの歌のイントロでは、「キラキラ」した印象を持ちました。

映画でのルビッチの希望の象徴である、星をイメージしたイントロなのではないかなと思います。

 

分析結果

 

 

 

分析の結果では、I-I/III-IVという超王道進行であることがわかりました。

 

ダイアトニックでいうとIIIはIIImなのですが、

そうすると重苦しくなってしまうため、I/IIIがよく使われます。

 

構成音はIIImがMiSolTiに対し、I/IIIはMiSolDoです。

 

キラキラした印象はコード進行ではなく、ピアノのアルペジオがそう感じさせることがわかりました。

ちなみにこのアルペジオフレーズを軽くなぞってみると、B♭ minor pentatonic + T9であることがわかります。

 

 

Aメロ

 

続いてAメロです。

 

印象

 

 

 

歌い出しは「浮いた感じ」がしました。

その後も解決しない「中途半端さ」を感じつつも、「動き出し」「一旦安心」

 

「暗い感じ」をしつつも「場面が切り替わり」「安心」する。そのような印象を持ちました。

 

 

分析結果

 

 

「浮いた感じ」がしたのはピアノのボイシングで、根音がIII度によるものだと思われます。

その後IIImに進行しますが、「中途半端」に感じたのはIIImがトニックの代理コードだからでしょう。

 

代理コードなので解決しきらないところがあるということですね。

その後SDであるIVに進行し、Iで「一旦安心する」という進行でした。

 

後半はVImやIIImが「暗い感じ」の元気で、その後はIV-V-Iという進行で、「場面切り替わり」「安心」であることがわかりました。

 

一方メロディーは、繊細さを醸し出すためにMi-Faの動き、Ti-Doの動きがそれぞれ使われており、

FmおよびB♭m pentatonicにそれぞれT9を追加した音で構成されていることがわかります。

 

ダイナミックさを強調したい場合は、メジャーメンタでDoReMiを利かす。

繊細さを強調したい場合は、マイナーペンタ+T9でDoReMeを利かす。

 

という鉄則に基づくメロディーですね。

 

 

 

のおとさん
記事を読んでいたら、もう一度観たくなってきてしまいました。
くどしゅん
わかる!もう一度心揺さぶるシーンを観たいよね!
そういうことなら見放題の動画配信サービスU-NEXTがおすすめ!
なんともう一度観たくなったドラマやアニメ、映画が14万本以上見放題!!

 

31日間無料で観られて、いつでも解約可能!
アカウントも4つ同時視聴可能で家族も見放題!

フルHD/4K画質対応だから、ブルーレイと同等の画質で楽しめます。

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

Bメロ

 

印象

 

 

 

Bメロが結構長い小節数で。16小節となっています。

前半は、「展開していく、「続いていく」、「楽しい」、「暗い」という印象がゆったりと遷移し、

 

後半は、「情景、季節が(目まぐるしく)移り変わっていく」「その理由は」

という印象を持ちました。

 

分析結果

 

 

 

ある程度聴いた段階でコードが何かはわかってはいたのですが、

IV-V-I-VImという動きが「展開していく、「続いていく」、「楽しい」、「暗い」であることがわかります。

 

このBメロの特徴は、「情景が移り変わっていく」と感じた部分。

前半がゆったりとコードが進行するのに対し、後半は4倍でコードが展開していきます。

 

ここが「情景」や「季節」が移り変わっていく感じと印象づけたのでしょう。

 

ゆったりとした展開からコードチェンジの間隔を狭めることで表現する。

作曲時の参考にしたいです。

 

一方メロディーは

Fm および B♭m pentatonic + T9で半音の動きを取り入れた繊細を出しつつも、ところどころにメジャーペンタのドレミを利かすダイナミックな展開もします。

 

場面が明るくなるようなシーンではメジャーペンタでダイナミックに作っていると分析しました。

 

 

サビ

 

印象

 

 

サビは「弾む感じ」から「続いていく」みたいな印象を持ちました。

曲の終わりはトニックで終わるのが多いので、「メデタシ!!」と感じたのは、

 

トニックですんなり終わったということでしょう。

 

分析結果

 

 

コードが半小節ごとに変わるので、ワルツの弾む感じが強調されて、

「弾む感じ」を印象づけていると解釈しました。

 

コード進行自体はサビなので超王道進行です。

 

II-V-Iという、II度メジャーが出てきますが、ドミナント・モーションの連続と捉えればII度メジャーも普通に使うので違和感はありません。歌終わりはIIm-V-Iと普通のツーファイブで解決しています。

 

特筆すべきは、メロディー。

 

サビは万人に受け入れられやすく、子どもたちにも歌いやすくする必要があります。

ということでメジャーペンタでダイナミックに展開しています。

 

DoReMiが利いたメロディーです。

しかしながら、曲の終わりはマイナーペンタ+T9でDoReMeを効かせて切なさを出して終わります。

 

音楽理論的にいうとそうなりますが、

要はサビは基本ドラミソラで作り、曲の終わりだけファも使っている。ということになります。

 

 

のおとさん
やっぱり楽曲を改めて聴いていたらもう一度観たくなっちゃいました。
くどしゅん
わかる!アニメや映画の曲と映像は、本当に総合芸術だよね!
心揺さぶってくれた方々に本当に感謝!

 

日本のアニメ、ドラマ、映画の見放題作品数No.1!!
31日間は完全無料で見放題!解約もいつでもできる!

マンガもラノベも小説も1つのアプリで楽しめるから、原作を読んでみたい方にもオススメ!

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

とてもシンプルですが、その中に売れる要素がしっかり盛り込まれています。

覚えさすさ⇛メジャーペンタ

切なさ⇛マイナーペンタ+T9

 

そしてコード進行はシンプルに抑揚をつけて。

パーフェクトな作りです。

 

西野さんの著書「革命のファンファーレ」の中で、プペルを正方形の本にした理由を

「Instagramでシェアされやすいように」と戦略の上で正方形にしたことを述べています。

 

もしかしたらこの曲も、様々な戦略の元に作られているのかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!