ラブライブ!スーパースター!!ED「未来は風のように/Liella!」メロディーコード分析

 

この記事は

  • ラブライブ!スーパースター!!のED曲が知りたい
  • 「未来は風のように/Liella!」がどのように作られているか知りたい

方に向けて書いています。

 

ラブライブ!スーパースター!!

 

2021年7月クールにて放送された「ラブライブ!スーパースター!!」。

ちょうどオリンピック、パラリンピックと重なったため放送延期も数回ありましたが、正統派ラブライブシリーズの3作目として王道のスクールアイドルを目指す青春物語となっています。

 

以前は、OP曲の分析を行いました。

あわせて読みたい

この記事は TVアニメ「ラブライブ!スーパースター!!」の主題歌が知りたい 「START!! True dreams/Liella!!」のコードが知りたい 方に向けて書いています。   ラブライブ!ス[…]

あわせて読みたい

この記事は ラブライブ!スーパースター!!OP曲が知りたい 「START!! True dreams/Liella!!」の歌詞が知りたい 方に向けて書いています。   ラブライブ!スーパースター!! […]

 

今回は、ED曲について分析してみたいと思います。

 

 

ED曲「未来は風のように/Liella!」

 

ED曲もOP同様、劇中のスクールアイドル「Liella!」が歌う「未来は風のように」です。

 

エピソードによって、ソロ曲になったりフィーチャーさらた数名によって歌われるときがありますが、

最終的にはLiella!全員での歌となるのでしょうね。

 

 

Amazon Music Unlimitedがおすすめ!
30日無料で6500万曲が聴き放題!

 

 

メロディー&コード分析

 

イントロ

 

印象

 

 

ドラムがビートを刻み始めるところからみていきたいと思います。

第一印象としては、「続く青春」という感じですね。

 

その後4小節目は「暗く解決」するようなイメージとなり、その後すぐに「明るさが戻る」というような印象となりました。

 

のおとさん
なぜ印象を確認するのですか?
くどしゅん
音楽は感情がすべてだからだよ。心がどのように動いたか。
どんなふうに感じたかを書き留めておくことはとても重要なんだよ。

 

 

分析結果

 

 

Key=Eですね。

もう楽曲分析もたくさんしているので、コードは聴いただけでわかってはいたんですが。

 

「続く青春」の正体は、I/IIIですね。

I/III-IV-Vという王道進行です。

 

ここの始まりが、単にIであれば「続く」というよりは「始まる」という印象になったと思います。

ルートがMi-Fa-Solと順次上昇していくために、「続く青春」という印象になりました。

 

で、そのままVImに一旦解決するために「暗く解決」です。Key=Eの平行調であるC#mに一旦落ち着くという感じです。

その後は再びI/IIIに戻るので「明るさが戻る」となりました。

 

イントロから流れるフレーズは、Do-Sol-Re-Mi-Re-Do,Do-Sol-Mi-Re-Mi-Re-Doです。

つまり、Eメジャーペンタトニックでメロディーがダイナミックに構成されています。

 

最後だけFa-Mi-Fa-Mi-Reとなるので、ここだけ繊細にF#マイナーペンタ+T9です。

 

 

 

Aメロ

 

印象

 

 

同じようなコード進行で始まるAメロは「ドキドキ」という印象から始まりました。

ただ3小節目で「!」というおっとするようなコードがなり、その後は「少し切ない」という印象に遷移します。

 

その後は「まっすぐ進む」印象から「合流」する流れとなりました。

 

9小節目からはラブライブっぽく「仲間が増えていく」印象。そしてやはり「!」から「切ない」となり、

「それでも続く」→「いろいろ起こる」→「解決!」といった情景が繰り広げられる感じです。

 

分析結果

 

 

やはりイントロと同じコードから始まっています。

「ドキドキ」はコードよりも、ドラムのビートによるものでしょうね。

 

「!」からの「切ない」はパッシングディミニッシュ でしたね。VImに解決するにあたっての経過コードです。

「合流」はここで再び楽器が入ってくるからでしょう。

 

9小節目からは休んでいた楽器達が再び入ってくるために「仲間が増える」

最後はI/III-IV-V-Iという、T-SD-D-Tという展開を見せるために「それでも続く」→「いろいろ起こる」→「解決!」となりました。

 

メロディーは基本、メジャーペンタトニックでダイナミックに動きますが、やはり「切ない」印象のところで半音の動きで繊細さを出しています。

コードとメロディーが同じ情景をみせています。

 

あと、最後の「心押さえつけるの無理さ」の「む」がG#でなく、Gにベンディングしています。

これはブルースですね。MiではなくMeとすることで独特のアンニュイさを出しています。

 

 

のおとさん
記事を読んでいたら、もう一度観たくなってきてしまいました。
くどしゅん
わかる!もう一度心揺さぶるシーンを観たいよね!
そういうことなら見放題の動画配信サービスU-NEXTがおすすめ!
なんともう一度観たくなったドラマやアニメ、映画が14万本以上見放題!!

 

31日間無料で観られて、いつでも解約可能!
アカウントも4つ同時視聴可能で家族も見放題!

フルHD/4K画質対応だから、ブルーレイと同等の画質で楽しめます。

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

 

Bメロ

 

印象

 

 

Bメロは8小節でコンパクトにまとめられています。

印象としては「立ち止まる」といった感じでしょうか。

 

しかしながら、5小節目からサビに向かって「動き出す」感じになります。

 

分析結果

 

 

「立ち止まる」の印象はドラムのビートによるものでしょう。Aメロと比べゆったりとしたリズムとなります。

半テンですね。

 

「動き出す」は、ここで再びドラムのビートが戻るのと、コードの切り替わりが倍テンするためでしょう。

コードとしては目新しいものはありませんが、しいていうならF#7/A#でしょうか。

 

ここもAメロ同様にパッシングディミニッシュと捉えることもできるんですが、

4和音にした場合にディミニッシュだと少し重いので、II7/#IVとする場合のほうが多いですね。

 

メロディーはやはりEメジャーペンタから始まりますが、BメロとしてはFaの音がフィーチャーされており、

F#マイナーペンタ+T9が主役のメロといってよさそうです。

 

 

サビ

 

印象

 

 

サビの第一印象は「跳ねる感じ」です。

ラブライブの曲ということでやはり元気ある曲調ということですね。

 

しかしながら、6小節目で「複雑な感情」という印象もしっかり入れています。

 

9小節目からは同じコード進行することが多いですが、最近の曲はリハモしていることが多いです。

したがって印象も異なり、「切ない」印象が続く感じとなります。

 

13小節目からは再び「元気が戻る」ものの、最後の最後で再び「切なく」なり、最後に「解決」するといった感じです。

 

分析結果

 

 

「跳ねる感じ」はベースのオクターブ刻みによるものでしょうね。

曲調によってドキドキを演出したりできます。

 

Key=Gに転調していますね。

Bメロからサビに向けて、共通接続コードを使っていないためやや強引に聞こえます。

 

「複雑な感情」はセカンダリードミナントですね。Emに解決するためにBmではなくB7にすることで、

調性外コードとなるためにこのような印象となります。セカンダリードミナントは曲の感動を左右させる重要なコードです。

 

そしてリハモ部分の「切ない」は♭Vm7♭5コードによるものでしたね。

筆者はLEMONコードと呼んでいます。SDm扱いだと思いますがG音を含んでいるので、トニックと捉える方もいるそうです。

 

とにかくこのコードを使うと切ない。この曲で言えばこのあとにC→Bmと半音下降していくので余計切ない印象となります。

 

「元気が戻る」は面白いですね。

コードがマイナーなのに「元気」な印象となりました。

 

IIm-IIIm-IV-Vと接続すると曲の終わりやサビへと向かって盛り上がっていくイメージがあるからでしょうか。

 

しかしながら最後は切ないの代名詞コードIVmを一旦挟んでからGに解決するという感じとなりました。

 

 

 

のおとさん
やっぱり楽曲を改めて聴いていたらもう一度観たくなっちゃいました。
くどしゅん
わかる!アニメや映画の曲と映像は、本当に総合芸術だよね!
心揺さぶってくれた方々に本当に感謝!

 

日本のアニメ、ドラマ、映画の見放題作品数No.1!!
31日間は完全無料で見放題!解約もいつでもできる!

マンガもラノベも小説も1つのアプリで楽しめるから、原作を読んでみたい方にもオススメ!

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

個人的に、キャラクター達の感動するエピソードの終わりにこのイントロが流れるとグッとくるのですが、

サビの接続の部分だけが非常に惜しい!と思ってしまう曲です。

 

そういえばまだ劇中でLiella!の名前がついていません。

スーパースターもやはり二期と続いていくのでしょうか。

 

個人的にサンシャインのような強烈に感動する話に発展していくことを願っています。

今回は表参道、青山あたりが聖地ですが、聖地巡礼にはマナーを守って楽しく巡りましょうね。

 

 

くどしゅん
ちぃちゃんのエピソードでボロ泣きしました。
最新情報をチェックしよう!