白い砂のアクアトープ2クールOP「とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか/ARCANA PROJECT」メロディーコード分析

この記事は

  • TVアニメ「白い砂のアクアトープ」2クールのOP曲が知りたい
  • 「とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか/ARCANA PROJECT」がどのように作られているか知りたい

方に向けて書いています。

 

TVアニメ「白い砂のアクアトープ」2クール目

 

2021年7月クールに続き、2クール目に突入するTVアニメ「白い砂のアクアトープ」。

 

 

 

 

1期の主人公であった、宮沢風花。

アイドルを辞めたどりついた「がまがま水族館」で出会った海咲野くくると水族館の存亡をかけて奮闘する物語でした。

 

残念ながら予定どおり水族館は閉館することとなってしまったのですが、

2クール目では主人公が海咲野くくるに変わり、物語が展開していきそうですね。

 

当ブログでは以前OP曲を分析していました。

あわせて読みたい

この記事は TVアニメ「白い砂のアクアトープ」の主題歌が知りたい 「たゆたえ、七色/ARCANA PROJECT」がどのように作られているか知りたい 方に向けて書いています。   TVアニメ「白い砂の[…]

 

 

2クール目も真っ先に楽曲分析をさせていただきます!

 

OP曲「とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか/ARCANA PROJECT」

 

 

主題歌を担当するのは、引き続きARCANA PROJECTです。

 

前回の曲もそうですが、クオリティーが高くて本当に驚きます。

日本には、オリコンチャートにはけして載らない名曲がたくさんあるんです。

 

消費するだけでなく、しっかりと学びにしていきたいと思います。

 

 

Amazon Music Unlimitedがおすすめ!
30日無料で6500万曲が聴き放題!

 

 

メロディー&コード進行

 

歌い出し

 

印象

 

 

歌い出しから、「キラキラ」の中に「切なさ」が同居するようなイメージとなりました。

それは1クール目で閉館になった、おそらく海咲野くくるの挫折みたいなものを潜在的に感じたからでしょうか。

 

なんですが、そこはやはりOP曲。

7小節目から、「始まる」「新しい世界」というようなポジティブな印象に変わりました。

 

のおとさん
なぜ印象を確認するのですか?
くどしゅん
音楽は感情がすべてだからだよ。心がどのように動いたか。
どんなふうに感じたかを書き留めておくことはとても重要なんだよ。

 

 

分析結果

 

 

Key=Gですね。

王道の下降進行をしています。

 

こういう進行はだいたい、VのところをI/Vにしたり、IIImをI/IIIにすることが多いですよね。

「キラキラ」「切なさ」の正体はピアノのアルペジオによるものでしょう。(または後述するメロによるもの)

 

「始まる」印象のあたりからバンドインとなり、「新しい世界」は短調からの借用コード♭VIIによるものですね。

 

メロディーはMi-Faの半音の動きがあるため、Aマイナーペンタ+T9を基調としたメロで、

その半音の動きにより繊細なものとなっていました。

 

 

イントロ

 

印象

 

 

印象としてはここからとても元気がよくなります。

「ためて、バーン!」みたいな感じから、「ワクワク」に遷移したり、「ドキドキ」するような印象になったりします。

 

最後の2小節では、これから物語で語られるであろう「様々な出来事」が展開していくような感じになります。

ここは何やらトリッキーな進行をしていそうですね。

 

 

分析結果

 

 

きた、分数コードっすね。

こういう進行、ちょっと前にも「小林さんちのメイドラゴンS」でもありました。

 

あっちはソウルっぽい感じなんですけど、、こっちもなんかゴージャスで洋楽っぽい感じしますね。

乗っているコードも、短調由来のコードです。

 

そしてそのままCm-Dmと短調コードが続くんですが、最後にDm7♭5/A♭-Vという進行をしています。

ここについては、ちょっと正確なコードではないかもしれません。

 

理論的にもちょっとわかりませんでした。D7に対する裏コードでしょうか。。

後学のため、どなたかわかる方解釈をお願いいたします。

 

 

Aメロ

 

印象

 

 

Aメロは「穏やかな」印象から始まります。

「日常」みたいな部分の描写ですね。

 

なんですが、それが8小節目から「変わり出す」

ティザーを見るかぎり、くくるは新しい水族館に就職をするっぽいので、「新しい生活」みたいな感じになっていきます。

 

後半では、「目まぐるしさ」を感じました。

 

分析結果

 

 

歌い出しと同じコード進行と思いきや、4小節目でmMaj7でアクセントを効かせています。

IVmMaj7でアンニュイ な感じになるんですよね。Maj7としているのはメロでB音が鳴るからです。

 

「変わり出す」の正体はここでまたバンドインとなるからでしょうね。

元気よくなるので、「新しい生活」のスタートを感じるのでしょう。

 

「目まぐるしさ」はここでキメが入り、コードが頻繁に変わるからですね。

 

メロディーはやはり、Mi-Faの動きを見せるAマイナーペンタ+T9、Ti-Doの動きを見せるEマイナーペンタを利用して、繊細なメロディーとなっています。

 

 

 

のおとさん
記事を読んでいたら、もう一度観たくなってきてしまいました。
くどしゅん
わかる!もう一度心揺さぶるシーンを観たいよね!
そういうことなら見放題の動画配信サービスU-NEXTがおすすめ!
なんともう一度観たくなったドラマやアニメ、映画が14万本以上見放題!!

 

31日間無料で観られて、いつでも解約可能!
アカウントも4つ同時視聴可能で家族も見放題!

フルHD/4K画質対応だから、ブルーレイと同等の画質で楽しめます。

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

 

 

Bメロ

 

印象

 

 

Bメロでは「静か」なんですけど、だけど「忙しない」という印象となりました。

なんとなく、心がモヤモヤする感じでしょうか。

 

4小節目で「落ち込む」ような感じも抱きました。

しかしながら5小節目で「元気を取り戻していく」ような感じとなり、サビに突入します。

 

分析結果

 

 

「静か」な印象は各楽器がスタッカートぎみで音の空白が目立つからかもしれません。

だけど「忙しない」はスネアロールによるものですね。

 

「落ち込む」はIV-IV/V-IIImときたらVImにいきそうなところを、

短調由来の♭IIIにしているためでしょう。IIIm-♭IIIということで音自体が下に下がっています。

 

「元気を取り戻していく」はコードというよりは、バスドラムの4つ打ちやキメが入ってくるからですね。

 

メロディーはここで一瞬Gメジャーペンタのダイナミックな動きが出てきます。

しかしながら、短調由来のコード♭IIIが出てくることによってGマイナーペンタ+T9が出てきたり、

やはりEマイナーペンタ+T9で繊細な動きに戻る動きとなっていました。

 

 

サビ

 

印象

 

 

 

やはりサビなんで元気がいいですね。

「走り出す」という印象があります。

 

今回2クール目では様々な新しいキャラクターが出てくるようで、

「様々な出会い」みたいな印象も持ち、くくるが「成長する」ような展開を彷彿させます。

 

ただサビ後半は、おそらくリハモしていて「別れ」「苦い思い」みたいな、

人生のスパイス的な部分を感じさせる印象へとチェンジしていきます。

 

実際物語もそうなっていくのでしょうかね。

 

そしてサビ終わりに向かっては、「それらを経験して」、「楽しさ苦しさを抱いて進む」ような印象となりました。

 

分析結果

 

 

 

歌い出しと同じ進行ですね。

バンドとしてはストレートなビートに下降進行していくので、「走り出す」印象。

 

流れるような進行の中に、様々なキャラクターの顔が思い浮かんでくるため、「様々な出会い」となったのでしょうね。

 

ただ、後半はやはりリハモしてVImからの進行にシフトしています。

これが「別れ」「苦しい思い」を感じさせるのでしょう。

 

「それらを経験して」という部分にはキメが入っているので、

そこは様々な出来事がフラッシュバックするようなことを演出しているからという解釈にしました。

 

最後の「楽しさ、苦しさ」の部分は、アクセントとしてIVmが使われているからですね。

このコードにより切なさが強調されます。

 

 

のおとさん
やっぱり楽曲を改めて聴いていたらもう一度観たくなっちゃいました。
くどしゅん
わかる!アニメや映画の曲と映像は、本当に総合芸術だよね!
心揺さぶってくれた方々に本当に感謝!

 

日本のアニメ、ドラマ、映画の見放題作品数No.1!!
31日間は完全無料で見放題!解約もいつでもできる!

マンガもラノベも小説も1つのアプリで楽しめるから、原作を読んでみたい方にもオススメ!

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

これからくくるが経験するであろう、ワクワクや苦しみ、挫折みたいなものが、

キラッキラで爽快な曲の中にしっかり描かれていますね。

 

これが表現という世界です。

 

作曲の草野華余子さん、編曲の堀江晶太さん、宮野幸子さん

本当に素晴らしい楽曲をありがとうございます!

 

田淵智也さんの作詞については後日改めて考察してみたいと思います。

 

2クール目も楽しみにしています。

 

 

くどしゅん
また忙しい毎日が始まる。

 

最新情報をチェックしよう!