スポンサーリンク

インターバルがわかったら

前回こちらで、音楽理論の基礎となるインターバルのお話をしました。

インターバルがわかることで、トライアドや和音の話に進むことができます。
引き続き、お勉強していきましょう。

 

スポンサーリンク

トライアド

Root(根音【こんおん】と呼びます)の上に3rd音と5th音を積み重ねたコード(和音)をトライアドといいます。
トライアドは組み合わせにより4種類存在します。

Major Triad(長三和音)

例) C

ギターなどの和音楽器でコード弾きする際に、まず最初に覚えるコードですね。
ギターですと、その他にGやEが多く、Fでつまづくなんていいますよね。

 

minor Triad(短三和音)

例) Cm

マイナートライアドも頻出するコードですね。
上記のメジャーとこのマイナーを組み合わせれば曲の伴奏はなんとかできます。

augmented Triad(増三和音)

例) Caug

 

diminished Triad(減三和音)

例) Cdim
※単独で使うことはほとんどありません。

KeyがCの場合、このように短三和音以降は臨時記号がつく形になります。
ちなみに#や♭が複数になった場合、どちらが左でなければならないといったルールは厳密には定められていません。

 

4和音

トライアドに7th音を積み重ねたコードを7thコードといいます。
7thコードは組み合わせによってMajor系とminor系の2種類に分類されます。

Major Triadに7th(または6th)音を加えたコード

Major 7th Chord

例) CM7, C△7

ギターの教則本などでは、オシャレなコードと言われるメジャーセブンス。
ドに対してシの音も使っており、半音でぶつかってますが、オクターブが離れているのでオッケーらしいです。

 

Dominant 7th Chord

例) C7

こちらも歌本などでは頻出のコードですね。
不安定コードの代名詞で、このセブンスが感動を左右させるとも言われています。

 

Major 6th Chord

例) C6

 

minor Triadに7th(または6th)音を加えたコード

minor Major 7th Chord

例) CmM7

 

minor 7th Chord

例) Cm7

マイナーセブンは暗いながらもオシャレさを感じます。
Cm7はルートを変えるだけで、E♭と同じコードトーンとなるので、代理コードとしてもよく出てきます。

minor 6th Chord

例) Cm6

 

その他のコード

minor 7th flatted 5th Chord

例) Cm7♭5, Cm7-5,Cø
※ハーフディミニッシュとも呼びます。

これ結構使います。
というのも後に学ぶダイアトニックコードでもあり、ドミナントの代理でもあるためです。

diminished 7th Chord

例) Cdim7, Cº7

これもよく使われます。
例えば、F-G-Em-Amという進行があったなら、F-G-G#dim7-Amとしてルート音を上昇のみにさせたりすると、Am時にセブンスとは違う解決感があります。

Dominant 7th sharped 5th Chord

例) C7aug, C7+5
※図は♭6thですが正確には#5thで記載します。

このコードは通常、その前後のコードのつながりをよくするために用いられることが多く、
単独で使用されることは少ないです。

 

Dominant 7th flatted 5th Chord

例) C7♭5, C7-5
※トライアドではないところに注目してください。
※図は#11th,#6thですが、正しくは♭5th,♭7thで記載します。

こちらも、その前後のコードのつながりをよくするために用いられることが多く、
単独で使用されることは少ないです。

 

suspended 4th Chord

例) Csus4
※明るさを左右する3度の音がありません。

サスフォーと読みます。
これもよく使いますね。ありがちですが、曲の終わりなんかにCsus4-Cなんてよくやりますよね。

Dominant 7th suspended 4th Chord

例) C7sus4
※明るさを左右する3度の音がありません。

 

今日のくどしゅん【のおと】

くどしゅん
それぞれのトライアドや和音の構成がわかったら、実際に音を当てはめてみましょう。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事