ゆるキャン△ドラマ主題歌「瞬きもせずに/H△G」メロディーコード分析

この記事は

  • ゆるキャン△のドラマの主題歌が知りたい
  • 「瞬きもせずに/H△G」がどのように作られているか知りたい

方に向けて書いています。

 

 

ドラマ「ゆるキャン△」

 

山梨県に住む女子高生達のキャンプ活動がテーマとなっている本作。

当ブログではこれまでアニメのゆるキャン△のOP曲について分析してきました。

あわせて読みたい

新型コロナウイルスの外出自粛でアニメをよくみています。   ゆるキャン△について、アニメもドラマもみました。 (ドラマ版の部長カワイイ。。あとちくわもw)   で、アニメ版のOPテーマソングのS[…]

 

2021年1月クールではSeason2も放送され、その人気を不動のものにしています。

あわせて読みたい

この記事は TVアニメ「ゆるキャン△2期」OP曲が知りたい 「Seize The Day」のコードやアレンジの解説が読みたい 方に向けて書いています。   ゆるキャン△2期日OP「Seize The […]

 

で、この作品。

実は実写版のドラマもあるんですよね。

 

志摩リン役に福原遥さん、各務原なでしこ役に大原優乃さんが演じています。

実写版は、アニメ版で使われた場所で実際にロケを行い、その完成度の高さが評価されています。

 

で、そのドラマのSeason2も2021年4月クールで放送されます。

今日は、Season1の主題歌についてみてみましょう。

 

主題歌「瞬きもせずに/H△G」

主題歌はH△Gが担当しています。

「青春期の”葛藤”や”胸の痛み”そしてその”蒼さ”を言葉やサウンド、デザインで表現すること」をコンセプトとしたクリエイター集団だそうで、ボーカルのChihoを中心に様々なチームで構成されているそうです。

 

PVが今どきのボカロ系PVのようでアニメーションこそありませんが、絵師の方が書き下ろしたであろう画像が使われたPVとなっています。

一応バンド構成となっているようですが、こういったPVの制作もまた一つのチームで行っているのでしょうね。

 

Amazon Music Unlimitedがおすすめ!
30日無料で6500万曲が聴き放題!

 

メロディー&コード分析

 

では早速メロデイーとコードをみていきます。

 

Aメロ

 

印象

Aメロが16小節あります。

8小節×2なのですが、聞いているだけで違うコード進行をしているようだったので、16小節で記載します。

 

印象としては「早朝」、「まだ誰もいない」、「1日が始まる」、「人々が動き出す」といった印象を持ちました。

 

 

分析結果

 

 

 

最初の「早朝」感は、ドラムのビートがスネアではなく、リムで刻まれているからだと思います。

Aメロの頭はリムで、、というパターンは結構多いですよね。

 

4小節目の「まだ誰もいない」という部分も頭で早朝と感じた印象の継続ということで、

アレンジなども踏襲しています。

 

ところが、9小節目以降はD#mに解決するセカンダリードミナント、Bに解決するセカンダリードミナントが使われて、

コードが頻繁に変わりはじめます。

これにより、「1日が始まる」、「人々が動き出す」といった印象を持ったのでしょう。

ベースやキックが入ってくることからも、ここで「みんなの朝が始まった」という印象を演出していると思います。

 

メロディーについては、8小節単位で同じモチーフが展開されています。

前4小節がGマイナーペンタ+T9、その後F#メジャーペンタからD#マイナーペンタ+T9と、繊細さとダイナミックさが交互に入れ替わる旋律となっています。

 

 

のおとさん
記事を読んでいたら、もう一度観たくなってきてしまいました。
くどしゅん
わかる!もう一度心揺さぶるシーンを観たいよね!
そういうことなら見放題の動画配信サービスU-NEXTがおすすめ!
なんともう一度観たくなったドラマやアニメ、映画が14万本以上見放題!!

 

31日間無料で観られて、いつでも解約可能!
アカウントも4つ同時視聴可能で家族も見放題!

フルHD/4K画質対応だから、ブルーレイと同等の画質で楽しめます。

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

Bメロ

 

 

印象

Bメロは8小節+エクストラBAR1小節という構成です。

ここでは少し「憂鬱」な印象を持ちました。しかしながら4小節目で「気持ちを切り替え」、

「前に進む」、「変わりだす」というポジティブな印象への変化がありました。

 

分析結果

 

 

マイナーコードから始まるということで「憂鬱」な印象ということがわかります。

4小節目にIIIsus -IIIとメジャーコードが使われていることから、

 

ここだけマイナー転調しているというふうにも見えます。

つまりD#mに対する五度ということでA#ということです。

 

また、IIm-IIIm-IVmに続くところにも注目です。

ここでは印象的に「前に進む」というポジティブな印象を持ったのですが、

 

切ないコードの代表格であるIVmが登場しています。

そこで「切ない」という印象を持たなかったのは、その前にいるIIm-IIImとマイナーコードが連続していたり、

メロディー自体がF#メジャーペンタで動いていることから

 

暗さをあまり感じさせないようにできている

 

ということでしょう。ここは作曲のノウハウとしてストックしておきたいですね。

 

 

サビ

 

 

 

印象

 

 

サビも16小節です。

やはりサビということで、「走り出す」という印象が強かったです。

 

しかしながら7小節目では「切ない」という印象を持ちました。

後半は「続く」という明るい印象に戻りますが、12小節目で今度は「少し悲しい」を感じます。

 

最後は「複雑な想い」という印象を持ちつつも、明るくメロデイーが終了します。

 

分析結果

 

 

メロディーがメジャーペンタとマイナーペンタ+T9で交互に入れ替わります。

4小節目以降はマイナーペンタ+T9が積極的に使われ、繊細なメロディーとなっており、

 

そこに「切なさ」の正体であるIVmであるBmで、青春特有の切なさを表現しています。

Bメロでも同様の進行部分がありましたが、そこではメロでメジャーペンタが使われているため、さほど暗く聞こえないのです。

 

9小節目以降は再び明るい印象になりますが、スタートがIではなくI/IIIであるため、

「続いていく」と感じたのでしょう。

 

そして「少し悲しい」の正体はC#からD#mに滑らかに繋がるディミニッシュコードでした。

ディミニッシュコードもよく「感動」「切なさ」の要のコードとして使われます。

 

13、14小節目では少々コードが頻繁に変わり、かつ分数コードであるために思春期特有のフワっとした、

なんとも言えない感情を表現しているように思いました。

 

 

 

のおとさん
やっぱり楽曲を改めて聴いていたらもう一度観たくなっちゃいました。
くどしゅん
わかる!アニメや映画の曲と映像は、本当に総合芸術だよね!
心揺さぶってくれた方々に本当に感謝!

 

日本のアニメ、ドラマ、映画の見放題作品数No.1!!
31日間は完全無料で見放題!解約もいつでもできる!

マンガもラノベも小説も1つのアプリで楽しめるから、原作を読んでみたい方にもオススメ!

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

シンプルな構成ながらも、セカンダリードミナントで変化をつけたり、

ディミニッシュコードで切なさも演出していて、青春特有のほろ苦さがしっかり表現された良曲でした。

 

Season2でH△Gが主題歌を担当するという情報はないのですが、

Season2も楽しみにしています。

 

 

くどしゅん
何度でも言おう。部長カワイイ。

 

 

最新情報をチェックしよう!