2021年最新!1〜3万円のコンデンサーマイク5選

DTM

この記事は

  • コンデンサーマイクを探している
  • 3万円までのマイクが知りたい

方に向けて書いています。

 

コンデンサーマイク

 

こちらの記事で、1万円までのコンデンサーマイクについて特集しました。

コンデンサーマイクの特徴や購入時の注意点については下記をご確認ください。

あわせて読みたい

この記事は コンデンサーマイクを探している 入門用の安価なものを探している レコーディング用のマイクが欲しい 方に向けて書いています。     コンデンサーマイク?  […]

 

今回は3万円までのコンデンサーマイクをみていきたいと思います。

その他の価格帯のものは以下を参照してください。

あわせて読みたい

この記事は コンデンサーマイクを探している 3〜5万円までのマイクが知りたい 方に向けて書いています。     中価格帯コンデンサーマイク   以下の記事で、低価格帯[…]

あわせて読みたい

この記事は 10万円までのコンデンサーマイクを探している 2021年最新の情報が知りたい 方に向けて書いています。     プロ用コンデンサーマイク   これまでの記[…]

 

1〜3万円のコンデンサーマイク選び方

 

基本的に1万円までのコンデンサーマイクを購入するときと同様で、

以下の3つのポイントをおさえればよいでしょう。

 

指向性

 

マイクには指向性があります。

 

  • 単一指向性・・・単一方向からの音を集音可能
  • 無指向性・・・あらゆる角度からの音を集音可能
  • 双指向性・・・表と裏からの音を集音可能

 

基本的にVocalのレコーディングの場合は、単一指向性で問題ありませんが、

例えば複数人が対面でしゃべるものを配信したい場合は、無指向性や双指向性に対応したものが必要になります。

 

スイッチ

 

 

コンデンサーマイク自体に、集音する音圧を調整(PAD)したり、

低音をカットする機能を備えたスイッチが搭載されているモデルがあります。

 

とくにローカットスイッチを搭載したモデルであれば、ミックス時に不要なローが予めカットされた音のほうが編集しやすい場合があり、重宝します。

 

付属品

 

前述の通り、コンデンサーマイクには、それ自体に加え、サスペンションホルダーが必要となります。

それが付属しているかどうかもポイントになります。

ものによっては、サスペンションホルダー、スタンド、ケーブルまですべて付属しているものがあり、

すぐに配信したい場合に重宝するものもあります。

 

 

 

1〜3万円のおすすめ5選

 

他の価格帯のものはこちら。

あわせて読みたい

この記事は コンデンサーマイクを探している 入門用の安価なものを探している レコーディング用のマイクが欲しい 方に向けて書いています。     コンデンサーマイク?  […]

あわせて読みたい

この記事は コンデンサーマイクを探している 3〜5万円までのマイクが知りたい 方に向けて書いています。     中価格帯コンデンサーマイク   以下の記事で、低価格帯[…]

 

audio technica AT4040

 

低価格帯で一番オススメできるマイクです。

 

世界的なロングセラーとなったAT4033aをベースに、最新のテクノロジーを投入して磨き上げた40シリーズの新しい基幹モデルです。

 

ボーカルはもちろんアコギ、ドラムなど幅広く使えて、PADやローカットも搭載しています。

音質はフラットな印象で高音もギラつかずに、楽器そのままのサウンドを集音可能です。

 

※サウンドハウスであれば3万円(税抜)で購入可能です。

指向性 単一指向性
スイッチ PAD/ローカット
付属品 専用ショックマウントAT8449a(5/8インチネジ)、マイクポーチ

 

 

 

 

BEHRINGER B-2 PRO

 

安価でハイコストパフォーマンスな製品を多数リリースしているベリンガーのコンデンサーマイクもおすすめです。

ベリンガーは1万円までのモデルと同様に、指向性が選択できる点に強みがあります。

 

複数人で対面になるような配信スタイルの場合、アンビエントまで集音したい場合にも大活躍です。

音質は12kHz前後が軽くブーストされるため、明るめ。

 

汎用性が非常に高く、かつハードケースもついているので、

持ち運んでのレコーディングであっても、壊れる心配がありません。

 

 

指向性 3段階、無指向/単一/双指向性
スイッチ PAD/ローカット
付属品 キャリングケース、ショックマウント(3/8、3/5インチ変換ネジ付)、ウィンドスクリーン

 

 

 

 

AKG  P420

 

AKGもこの価格帯になると指向性が選べる機種があります。

P420ならばベリンガー同様に指向性を選ぶことができ、より汎用性の高いマイクとなります。

 

へこみにくい頑丈なステンレスワイヤー製グリルと、アルミ合金製ボディーで耐久性は高く、現場でガンガン使えるでしょう。

丈夫なアルミ製キャリングケースも付属します。

 

音質はさすがのAKGサウンド。

RODE系等のノイマンU87AIよりも高音が美しいとの評価もあり、満足度の高い製品です。

 

指向性 単一指向/双指向/無指向性
スイッチ PAD/ローカット
付属品 サスペンションホルダー、アルミ製キャリングケース

 

 

 

 

MXL MXL2003A

 

 

こちらは単一指向性かつPADやローカットスイッチもついていない潔いモデルです。

リリースから8年経過している今でも人気のMXLの代表機種です。

 

気になるようなクセが感じられず、録音後のEQやコンプも決めやすい。

収録後のミックス工程が楽なマイクです。

 

音質は味付けなのないフラットな音。

音質においても本当に潔く、だからこそロングセラーなマイクです。

 

指向性 単一指向性
スイッチ
付属品 ショックマウントアダプター、変換ネジ(5/8-3/8インチ)、ポーチ

 

 

 

 

audio technica AT2050

 

 

最後にもうひとつaudio-technicaです。

 

AT4040がイチオシではあるのですが、そこまで予算が。。という場合ならAT2050。

指向性も選べて、PAD/ローカットも可能です。

 

音質も文句なしで、クリアに集音でき、高域ののびと空気感が素晴らしいマイクです。

ボーカル、ピアノ、クラシック弦楽器、ドラムオーバーヘッド、ギターアンプなど様々な音の収録で大活躍するでしょう。

 

指向性 3段階切り替え (単一/双/無指向性)
スイッチ PAD/ローカット
付属品 ショックマウントAT8458、 変換ネジ(5/8- 3/8インチ)、ソフトポーチ

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

3万円までのコンデンサーマイクでした。

プロ用とまではいきませんが、この価格帯のものでCDクオリティーのものは十分録音可能です。

 

あとはあなたの腕次第!

よい音楽を作ってください!

 

 

くどしゅん
マイクはボーカルさんの歌いやすさにも大きく影響するので、自分用のを持っている人もいますね。

 

 

最新情報をチェックしよう!