【音圧問題】海苔波形になってしまう!ベースのコンプ設定を見直そう

DTM

この記事は

  • CD曲と比較して同じ音圧を出したい
  • 出せるけど、海苔波形になってしまう

方に向けて書いています。

 

CDの音量にするのは難しい

 

音楽制作愛好家の中で、自身でミキシングを行う方も多いと思います。

 

昨今では、プラグインの質が非常に高く、安価になってきているため、たとえノートPCであってもCDのような曲を制作することは十分可能です。

 

ですが、ミキシングという工程は非常に難しく、どんなに良質なプラグインを使ったとしても

プロのミキシングエンジニアの方が行った質へ持っていくのには苦労します。

 

ということで、筆者はRMSという誰でも簡単にミキシングのイロハを学べる教材や、MS処理の行い方などを解説した記事を提供しているのですが。

のおとさん
ところで曲全体のミキシングがうまくできません。どうやってもCDみたいな音にならなくて。。
くどしゅん

わかる!「歌ってみた」や「弾いてみた」動画や、DTMで作曲したときにミックスがうまくいかなくて沼にハマるよね。そんなときはRMSメソッドで巷のCDみたいなミックスに仕上げる技術を学べるよ!

しかも今なら、破格の800円でそのメソッドが学べるんだ!
※好評につき残り1名の限定価格となります。以降は1,600円での販売となります。

 

巷のCDのサウンドを「再現」できるメソッド(Reproducible Mixing Sound)。略してRMSメソッド。

DTMerがハマるミキシングを、たった数日で学べる音楽教材です。
Logic Pro X ユーザーでミキシングの初心者〜中級者を対象にしています。

まずはこのメソッドの紹介動画(1:30)をご覧ください。

 

  • DTMスクールでは数十万円かかるミキシングのスキルを破格で習得できる!
  • メソッドに基づいて設定をしていけば、誰でもCDクオリティを再現できる!
  • 教材として46個のWAVファイル(96kHz/24bit)および各工程の処理結果ファイルが付属!
  • リファレンス曲としてヒットチャート上位曲を使用!
  • 習得したスキルは他の曲でも再現できる!
  • パラメータの設定理由や数値も全公開!
  • Logic Pro Xの標準プラグインのみを使用!
のおとさん
どうしてこんなに安いんですか?
くどしゅん
筆者自身がひとりで作ったメソッドで、サポート的な対応ができないからだよ。
筆者も音楽を作り続けないといけないから。
そのために全パラメータを公開したプロジェクトファイルが付属しているから、誰でも再現できるはずだよ!
是非やってみてね!


 

 

それでミキシングをしても、巷のCDの音量を稼いだ場合に、所謂海苔波形になってしまうことないでしょうか?

 

海苔波形=ダイナミクスがない

 

昨今は、所謂音圧戦争といわれるものも終焉したものの、それでもCDの音はでかいです。

 

でかいながらも、天井に余裕があり、ダイナミクスがしっかり感じられる気持ち良いミックスがよいミックスとされているように個人的に思います。

なんですが、これを再現するのが難しい。。

 

あるとき、自分が制作した曲の波形をみてみたんですが。

 

上がプロのエンジニアさんがミキシング/マスタリングしたもの。

下が筆者の音源です。

 

どちらもマキシマイズしているのでとても波形が大きいですが、

下のものはビタっと天井に張り付いていて余裕がありません。

 

所謂海苔波形です。

 

こうなってしまうと、無理やり天井に押さえつけられているような感じで、曲自体が窮屈に思えてしまうんですよね。

そう、つまりダイナミクスが殺されているのです。

 

理由を探ってみた

 

で、仮に周波数成分が問題ないにして、いったいどこでこの張り付きが起こってしまうのか?

 

ミックスのトラックをひとつひとつ、ミュートして確かめてみたところ。

 

ベースをミュートする

 

と張り付きの現象が回避されました。

 

つまり、低音成分の音の減衰がない状態と解釈できると思います。

 

 

低音=高いレシオは間違いかもしれない

 

基本的にミキシングを習うと、低音楽器になるほどコンプレッサーは深くかけると習うと思います。

 

一番深くかけるのはバスドラム。

レシオは8:1程度で、ゲインリダクションは−6dBほど突っ込んでよい。

 

みたいに習います。

たぶん、バスドラムだったらそれくらいかけてもよいと思います。

 

というのもバスドラムはサステインがありませんから。

 

なんですがベースは、サステインがありまくる楽器です。

いや、奏法やアレンジにもよりますが、基本は音が伸びる楽器です。

 

それを、レシオ6:1、ゲインリダクション-6dBほど潰してしまっては、

ベース奏者のダイナミクスが失われてしまいますし、海苔波形の要因となってしまうのです。

 

これは個人的にすさまじい発見でした。

そうやって聞いてみると、筆者の音源はどこか低域がノぺっとしていて、ノれないのです。

 

ベースにコンプは不要論

 

これは極論ですが、とくに打ち込みベースの場合はコンプなんてかけないほうが、

曲のダイナミクスが維持されて、かつ海苔波形から脱却できるかもしれません。

 

筆者はいつも、MODOBASSというフィジカルモデリングベース音源を使用しています。

 

で、こいつの設定には、リミッターという項目があるんですよね。

これを入れている時点で、もう結構なコンプがかかっている状態に近いのではないかと思います。

 

実際、ミックス工程で波形を書き出してみますと。

 

 

もう結構レベルが統一されているんですよ。

したがってコンプをかける場合は、この波形の大きい部分をレシオ深めにして叩けばいいだけになるはずです。

 

 

 

というわけで、ベースのコンプの設定を以下のように設定してみました。

 

スレッショルド:-16dB
レシオ    :19:1
GR      :-2〜3dB程度
もちろん、それに加えてサイドチェイン でバスドラムがなるときは、引っ込む設定もしています。
あわせて読みたい

  この記事は   ミキシングでバスドラムが抜けて来ない ダンス系なのにバスドラムが締まらない サイドチェインのやり方が知りたい   方に向けて書いています。 […]

そしてできた波形をみてみると。
前よりはダイナミクスが生きた状態でミックスダウンできました。
まだまだ海苔に見えるかもしれませんが、アウトプットを-0.3dBにしているためそれを0にすればもっとCDのような波形になるはずです。
そのあたりを考慮してミキシングしてみた曲が「Starry Sky」となります。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ダイナミクスを残す、海苔波形から脱却するミックス方法の一例として記事化してみました。

巷のDTMスクールや教則本に書いてある

 

ベースには深めにコンプをかけるは大いなる間違いかもしれません。

 

ときには、耳と視覚から推察して考えながらミキシングしてみるとより質の高いミックスができるかもしれません。

 

 

くどしゅん
すべての曲をミックスしなおしたい。。

 

最新情報をチェックしよう!