ひぐらしのなく頃に業OP「I believe what you said」歌詞考察

この記事は

  • 「ひぐらしのなく頃に 業」OP曲が知りたい
  • 「I believe what you said/亜咲花」の歌詞考察が読みたい

方に向けて書いています。

 

ひぐらしのなく頃に 業

 

2020年10月クールで放送された「ひぐらしのなく頃に 業」。

前回、OP曲である「I believe what you said」のメロディーとコードについて分析しました。

あわせて読みたい

この記事は TVアニメ「ひぐらしのなく頃に 業」OP曲が知りたい 「I believe what you said/亜咲花」がどのように作られているか知りたい 方に向けて書いています。   ひぐらしの[…]

 

 

Amazon Music Unlimitedがおすすめ!
30日無料で6500万曲が聴き放題!

 

筆者はまず、この物語がループものであることを以外に知識がありません。

ゲームはもちろんやっていないですし、以前のにアニメもわけがわからずに断念をしたくちです。

 

正直毎週リアタイでみていても、???の連続です。

 

しかしながらメロディーとコードを分析してみると、

コードの繰り返しやマイナー調のなかにメジャーペンタをぶち込むことで

 

「終わらせない」感、「新世界」感をしっかり演出していることがわかりました。

 

今日は歌詞についてみてみたいと思います。

 

 

歌詞考察

 

タイトルについて

 

まずこの曲のタイトル。

「I believe what you said」。

 

意味はシンプルに「あなたが言ったことを信じている」でよいと思います。

これはいったい、誰が誰に対していっているのか。

 

ジャケットが登場人物である竜宮レナであるため、レナが前原圭一へ言っていると考えてしまうのですが、どうでしょうか。

 

Aメロ1

 

静かに震わせる空気 意味深な沈黙
光の歪曲が満ちて 失ったロジック

「I believe what you sad」作詞:志倉千代丸

 

この歌詞からイメージするのは、「ひぐらしのなく頃に」の明るい部活動の日常シーンから、龍宮レナが壊れ始める感じです。

 

「静かに震わせる空気」。空気を震わせるとそれは音になるので、それは振り下ろされた斧の音か。

はたまた竜宮レナの「隠し事はないよね」という「声」か。

 

どちらにしても、龍宮レナはだんだんと前原圭一の前でホラーな一面を見せ始めます。

ロジックは論理ですが、比喩と捉えるのが自然でしょう。

 

ここでは、「日常」の比喩と解釈しました。

つまり、ひぐらしのなく夕暮れ時の赤い光が満ちて、日常パートが壊れ始める。

 

という感じです。

 

Bメロ1

 

I believe what you said
戻りたい場所 明確な景色
あの子が欲しいと あざ笑った

「I believe what you sad」作詞:志倉千代丸

 

Bメロでタイトルである「I believe what you said]が出てきます。

前原圭一は竜宮レナに隠し事をしますが、それでも竜宮レナは疑いながらも「信じている」という嘘をつく。

 

「隠し事」や「嘘」をついている時点で、もう以前の関係には戻れません。

いったん疑惑を持つと、もう戻れないのです。あの楽しかった日常には。

 

「あの子が欲しい」というのは、「花いちもんめ」の歌の歌詞でもあります。

この歌には「鬼」が出てきますので、風土病である「雛見沢症候群」に誰がなるか?

 

といったことを黒幕があざ笑っているように解釈できます。

 

サビ1

ずっとキミの喜びも ずっとキミの涙さえも
誰よりも身近な距離で 感じた記憶
たった一つその答え 探してた扉が今
ゆっくりと開かれた その先には
眩しい光に 包まれゆく 全ての真実

「I believe what you sad」作詞:志倉千代丸

 

このアニメはループものです。

本作品の旧作をしっかり見られていないため、大きな間違いかもしれませんが、

 

この物語は古出梨花が、誰も死なない世界線を目指しひたすら昭和58年を繰り返しているように思います。

 

そして今回みていると、潜在意識の中で登場人物たちは、

自分たちが死んだ要因、殺した要因をうっすらと覚えているように感じさせます。

 

そういった意味で、このサビの前半となっているように思います。

 

そこから抜け出そうともがき続けた結果、「探していた扉」が開き、

「すべての真実」にたどり着く。

 

「眩しい光に包まれゆく」というのが描写が浮かぶ良い歌詞です。

長い長いトンネルを抜けた先を想像させます。

 

 

のおとさん
記事を読んでいたら、もう一度観たくなってきてしまいました。
くどしゅん
わかる!もう一度心揺さぶるシーンを観たいよね!
そういうことなら見放題の動画配信サービスU-NEXTがおすすめ!
なんともう一度観たくなったドラマやアニメ、映画が14万本以上見放題!!

 

31日間無料で観られて、いつでも解約可能!
アカウントも4つ同時視聴可能で家族も見放題!

フルHD/4K画質対応だから、ブルーレイと同等の画質で楽しめます。

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

Aメロ2

小さなほころびはやがて 偽りへ誘う
幾重に繰り返す狂気 閉ざされたリフレイン

「I believe what you sad」作詞:志倉千代丸

 

「ほころび」というのは、「縫い目がほどける」ような意味です。

友達という絆がほどけていき、疑惑が大きくなっていくように解釈できます。

 

幾重に繰り返す狂気はシンプルに「綿流し」の祭りで毎度誰かが猟奇的に死亡していくことを表現しているのでしょう。

「閉ざされたリフレイン」。リフレインは「繰り返し」なので、

 

「ずっと昭和58年の夏を繰り返し、脱することができない」ということでしょう。

 

 

Bメロ2

I believe what you said
目を覚ます頃 描かれた絵空
祭りは静かに 始まった

「I believe what you sad」作詞:志倉千代丸

 

「絵空」は、「ありえない」ことです。

人間が過去に戻るということは通常あり得ません。

 

しかしながらこの世界の住人は何度も昭和58年に戻ってしまうのです。

おそらく、前シリーズでもそれをなんとか脱して終わったのでしょうが。

 

今回また、「祭り(ループ)は静かに始まった」

 

サビ2

 

もっとキミを知りたくて もっとキミを追いかけてた
不自然な素振りもなく 交わした言葉
この広い空さえも 作られた張りぼてなら
ゆっくりと消えてゆく この痛みも
まるで麻酔のように 墜ちる意識が 全てを始める

「I believe what you sad」作詞:志倉千代丸

 

前半の2行でやはり、本当の竜宮レナやそのほかの雛見沢の住人はどういった人間なのか?

といった前原圭一の心情が描かれているように思います。

 

「この広い空さえも」といった部分で、空を見上げている描写がイメージできます。

そして「ゆっくりと消えていくこの痛み」から、前原圭一が斬殺されている最中に「空を見上げている」ように解釈できます。

 

「墜ちる意識が全てを始める」はもうループしていることの表現ですね。

 

 

 

のおとさん
やっぱり楽曲を改めて聴いていたらもう一度観たくなっちゃいました。
くどしゅん
わかる!アニメや映画の曲と映像は、本当に総合芸術だよね!
心揺さぶってくれた方々に本当に感謝!

 

日本のアニメ、ドラマ、映画の見放題作品数No.1!!
31日間は完全無料で見放題!解約もいつでもできる!

マンガもラノベも小説も1つのアプリで楽しめるから、原作を読んでみたい方にもオススメ!

  • アニメ見放題作品数No.1!!
  • 無料トライアル期間中に解約すれば月額料金不要!
  • マンガもラノベも読める!!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ひぐらしのなく頃にをしっかり見たことがない筆者が、知っている知識のみで歌詞を考察してみました。

以外とできるものですね。

 

それぐらいこの歌詞が伝わるということであり、

これがクリエイター達のすばらしい仕事ということになります。

 

物語はどのような結末を迎えるのでしょうか?

引き続き追っかけて見ていきたいと思います。

 

くどしゅん
毎話放送される旅にTwitterトレンドに上がる人気作!
最新情報をチェックしよう!