ボカロのミックスのコツとCD品質に仕上げる方法

DTM

この記事は

  • ボーカロイドのミックス方法が知りたい
  • CD音質に迫るコツが知りたい

方に向けて書いています。

 

ボカロPになりたい

 

昨今は、歌が歌えなくてもボーカロイドに歌わせることで、自分の表現したいことを歌にすることができるようになりました。

それに伴い、作曲人口も右肩上がりとなり、ボカロP由来のアーティストも増えてきました。

 

 

2020年には、最新の初音ミクである初音ミクNTも発売され、今後もボカロ曲は増えていきそうです。

 

その分、クラシカルで厳格な音楽理論を学んだ一部の方からは嫉妬されていなくもないですが、

 

大衆音楽というものは多くの人が心地よいと思えばそれが正解であるため、

あまり深く考えず楽しんでよいと思っています。

 

作ってはみたけどミックスがうまくいかない

 

でこのブログの人気記事に、ボカロの始め方なる記事があるのですが。

あわせて読みたい

この記事は これからボーカロイドを始めたい 何を買えばいいかわからない 方に向けて書いています。     なお、著者も今回新たにボカロを初めてみようと思いいろいろ調べた結果をまとめ[…]

あわせて読みたい

この記事は 初音ミクNTの使い方や使用感を知りたい 方に向けて書いています。   メジャー版発売   こちらの記事で初音ミクNTを購入することにした筆者。 [sitecard sub[…]

 

おそらく最初は、既存の曲をコピーして打ち込んでみるようなことをしてみると思うんです。

もちろん、最初から作詞、作曲、編曲できる人もいるとは思いますが。

 

なんですが、実際すべてを打ち込んで聴いてみても、

なかなかCDみたいな音質にならなかったりします。

 

そうなんです。

巷で聴けるCDというのは、ミキシングエンジニアという超絶に耳のいい人達によって、

 

  • あらゆる人が
  • あらゆるスピーカーで聴いて
  • あらゆるバランスが最適に

 

調整されたものなんですね。

 

だから、打ち込んでパンを振っただけではCD音質にならないのです。

 

では、ボーカロイドで打ち込んだ楽曲をどうしたらCD音質のようにできるか。

 

今日は、ボーカルのミックス方法についてフォーカスしてみたいと思います。

 

 

ボーカロイドのミックス方法

 

では、実際に筆者が作ったボカロ曲で、どのようなエフェクト処理をしているかみてみたいと思います。

 

今回は、2021年7月に作った曲、「True Colors」でみてみたいと思います。

まずは、ちょっと聴いてみてください。

 

いかがでしょうか?ギターだけは演奏していますが他は全部打ち込みです。

音圧や音質についても、いいセンいってると思いませんか?

 

この音質にするために、ボーカルトラックにしていることをみてみたいと思います。

 

EQ設定

 

まずはイコライザーの設定です。

イコライザーというのは、出過ぎた帯域を抑えたりや足りない帯域をブーストさせるエフェクトです。

 

ミキシングにおいては、あらゆるトラックに挿すもので、ボーカルだけでなく

ドラムの各太鼓やギターにおけるまで調整するものとなります。

 

詳細はこちら。

あわせて読みたい

この記事は DTM初心者 イコライザ(EQ)について知りたい 方に向けて書いています。     イコライザ(EQ)とは?   DTMをしていると絶対にやらなくてはなら[…]

 

設定をみてみると。

 

EQは基本、カットの方向で使います。

初音ミクの場合、リアルなシンガーをマイクで録音した音に比べ、低域が強く出る傾向があります。

(リアルシンガーの声も低音が出ていて、ローカットしているのだと思います。)

 

まずは、ローカットとして、150Hz以下はそもそも音としては出ていませんが、

少しでも出ていると他の楽器(バスドラムやベース)の邪魔になるのでカットしてしまいます。

 

それから、300Hzあたりを-7.5dBくらい削っているのは、ここらへんは音の根音となる部分です。

 

なんですが、このあたりの帯域はあらゆる楽器と渋滞を起こす帯域でもあり、

かつ初音ミクの声がモヤっとするポイントでもあるため削っています。

 

次に1kHz。

最近の楽曲はいわゆるドンシャリ(中域を抑えて聞きやすくする)傾向にあり、

またスペクトラム的にも強く出ているため、ここを-3dBカットしています。

 

4kHzを少し削っているのは、子音の破擦音などを抑制するためです。

それ以降の帯域をブーストしているのは、初音ミクでその帯域がリアルシンガーに比べて弱いと感じたためです。

(これもリアルシンガーであってもブーストをよくしているのを見かけます)

 

コンプ設定

 

続いてコンプレッサーです。

音を圧縮することでレベルを統一させて、全体的な音量感を揃えるためのエフェクトです。

 

詳しい使い方と種類についてはこちら。

あわせて読みたい

  この記事は DTM初心者 コンプレッサーの仕組みが知りたい 正しい使い方が知りたい という方に向けて書いています。   コンプレッサーとは? DTMにおけるコンプレ[…]

 

ボーカルをミックスする際は、光学式(OPT式)のコンプと、トランジスタ式(FET)コンプを段がけしています。

 

光学式

まずは光学式です。

光学式の特徴は、アタックが遅いこと。

 

したがって非常にナチュラルにかかります。

光学式でメジャーなのがLA-2Aという機種です。

 

あわせて読みたい

この記事は OPTコンプの代名詞「Teletronix LA-2A」の使い方が知りたい どのような楽器に使えるか知りたい 方に向けて書いています。   光学式(OPT)コンプレッサー   […]

 

各社から様々なモデリングプラグインがリリースされています。

Logicの場合は標準搭載のコンプレッサーを挿して、「Vintage Opto」を選ぶと光学式になります。

 

今回は、オーディオインターフェースのFPGAで動作するOPTO-2Aというものを利用しました。

どのモデルでも、メーターが-3.0dB触れる程度に設定すればOKです。

(アタックタイムやリリースタイムがある場合もあまり気にしなくてよいです。)

 

 

トランジスタ式

続いて、FETを挿入します。

FETはとにかくアタックが早く設定できる万能コンプです。

 

正直これだけでCD品質にできるくらいです。

今回はFPGAプラグインの調子が悪かったので、Logic標準のプラグインで設定しました。

 

設定は以下のような感じです。

RATIO: 3.3:1
THRESHOLD: -18.0dB(これは音源の波形の大きさによって値が変動します。メーターが-5dB触れる程度)
ATTACK: 速め(20ms)
RELEASE: 遅め(520ms) AUTOのチェックは外す

 

サチュレーション

 

どうにもボーカロイドの音源は声の倍音が足りない傾向にあります。

したがって、サチュレーション で軽くオーバードライブさせて倍音を付加します。

 

これもLogic標準のFETコンプを用いてやっています。

画面右のDISTORTION欄を「Soft」としています。

これにより倍音が加わり、音が前に出るようになります。

 

Logicでない場合は、何かしらのサチュレーション プラグインで同様の効果を得ることができます。

 

 

エキサイター

 

ミックスを行う時、質感を似せたいリファレンス曲を用意したりするんですが。

コピー曲だったりしたら、元の曲です。

 

その音源の高音域だけにフィルタリングして聴いてみると、5kHz−10kHzまでボーカルの声が聞こえるんですよね。

でも、ボカロの声だと聴こえない。

 

つまりボカロの曲は高域が足りないのです。

それを補うために、EQでブーストしたり、サチュレーション を付加したりしたのですがそれでも足りませんでした。

 

したがってここでエキサイターを使ってさらに高域をブーストしました。

今回は、6kHzから上をブーストしています。

 

ディエッサー

 

高域をブーストすると、当然のごとく子音が耳をつくようになります。

したがって、要所要所、歌詞の子音によって出過ぎてしまう子音を抑制します。

 

Logic標準のディエッサーを挿入して、主に「さしすせそ」でゲインリダクションがかかるよう閾値を調整します。

 

 

フェーダー書き

 

ダイナミクスの調整はコンプで行うのですが、それでも歌の抑揚によって聞きづらいところ、

大きすぎるところが発生します。

 

本来であれば、それらはいわゆる手コンプといって、都度フェーダーを調整することによって均等にさせるんですが。

時間がない場合は、Vocal Riderというプラグインがおすすめです。

 

かんたん設定でいい感じに調節してくれます。

 

ただ、それでもAメロが大きい。でもサビが小さいとなってしまうときがありますので、

大まかにオートメーションで今回はレベル調整をしました。

 

 

ディレイ

 

ボーカロイドはそのままだと完全にドライな声です。

マイクで録音したような、自然な余韻がはなからありません。

 

したがって、空間系をしっかり調整する必要があります。

自然な残響を再現するには、ディレイを複数かますことが必要になります。

 

詳細は以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい

  この記事は ミックスのディレイの使い方が知りたい ディレイが不自然になってしまう 方に向けて書いています。       ミックスで大事な空間系 曲[…]

 

筆者の場合、いつもショート、ミドル、ロングの3種類のディレイを駆使しています。

 

ショートディレイ

 

ミドルディレイ

ロングディレイ

 

 

こららをバストラックに設定して、ボーカルトラックをセンドすることによって余韻を足します。

センド量はまちまちですが、深くはかけません。ごく浅くかけます。

 

 

また、そもそも残響音というのは原音に比べて劣化したものであるため、

バストラックをEQでローカット、ハイカットもしています。

 

 

 

リバーブ

 

リバーブも同様に複数のリバーブをバストラックに作成してセンドします。

あまりこだわりがなくLogicの標準プラグインで、プリセットを選んでやっています。

あわせて読みたい

この記事は DTM初心者 リバーブの使い方が知りたい 自然なリバーブ音を作りたい 方に向けて書いています。   リバーブとは?   DTMで使うエフェクトのひとつにリバーブとい[…]

 

ショートリバーブ

 

ミドルリバーブ

 

ロングリバーブ

 

プレートリバーブ

 

 

ディレイ同様に減衰を劣化させるために、EQでハイカット/ローカットも行います。

センド量もディレイ同様少し余韻が残る程度で浅めに設定すればOKです。

 

 

 

CD音質に迫るコツ

 

このように、ボーカルトラックだけでもかなりのエフェクトを使っています。

 

同様に他の楽器トラックについても、EQとコンプは必ず設定します。

そのあたりは、下ごしらえの方法として記事化しています。

あわせて読みたい

    この記事は ミックスで最初にやることが知りたい ミックスがうまくできない 各楽器最適なコンプの設定が知りたい 方に向けて書いています。   ミック[…]

 

そして最後はやはりマスタリング工程が大事です。

まずCDの音量に届かなければ、誰も聴いてはくれないのです。

 

昨今はそういった音圧調整をAIでできるプラグインもあるので、導入してみるとよいでしょう。

 

 

のおとさん
ところで曲全体のミキシングがうまくできません。どうやってもCDみたいな音にならなくて。。
くどしゅん

わかる!「歌ってみた」や「弾いてみた」動画や、DTMで作曲したときにミックスがうまくいかなくて沼にハマるよね。そんなときはRMSメソッドで巷のCDみたいなミックスに仕上げる技術を学べるよ!

しかも今なら、破格の800円でそのメソッドが学べるんだ!
※好評につき残り1名の限定価格となります。以降は1,600円での販売となります。

 

巷のCDのサウンドを「再現」できるメソッド(Reproducible Mixing Sound)。略してRMSメソッド。

DTMerがハマるミキシングを、たった数日で学べる音楽教材です。
Logic Pro X ユーザーでミキシングの初心者〜中級者を対象にしています。

まずはこのメソッドの紹介動画(1:30)をご覧ください。

 

  • DTMスクールでは数十万円かかるミキシングのスキルを破格で習得できる!
  • メソッドに基づいて設定をしていけば、誰でもCDクオリティを再現できる!
  • 教材として46個のWAVファイル(96kHz/24bit)および各工程の処理結果ファイルが付属!
  • リファレンス曲としてヒットチャート上位曲を使用!
  • 習得したスキルは他の曲でも再現できる!
  • パラメータの設定理由や数値も全公開!
  • Logic Pro Xの標準プラグインのみを使用!
のおとさん
どうしてこんなに安いんですか?
くどしゅん
筆者自身がひとりで作ったメソッドで、サポート的な対応ができないからだよ。
筆者も音楽を作り続けないといけないから。
そのために全パラメータを公開したプロジェクトファイルが付属しているから、誰でも再現できるはずだよ!
是非やってみてね!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ボーカロイドの楽曲をCD品質のようにハイクオリティにする方法のご紹介でした。

 

どんなよい楽曲であろうと、編集がうまくできていない音源は聴かれません。

聴かれない音源はないのと同じなのです。

 

しっかりと編集技術を身につけてより楽曲を質の高いものにしましょう。

ちなみに世のDTMスクールもミックスのスペシャリストが教えているわけではないため、費用の無駄になる可能性があります。

 

まずはRMSメソッドでトライしてみてからでも判断は遅くありません。

どうぞ、参考にしてください。

 

 

くどしゅん
ミックス沼に10年ハマった筆者が独自で切り開いたノウハウ満載なのです。
最新情報をチェックしよう!